国内旅行

旅行コード
2925

秋の奥州・平泉に秘仏を訪ねる

駒澤大学 村松哲文教授同行解説 仏教美術鑑賞の旅

奥の正法寺 秘佛本尊「如意輪観世音菩薩坐像」

出発月
9月
主な方面
岩手
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

ベリーノホテル一関(洋室・2名様 デラックスツイン(30㎡)/1名様 デラックスダブル(23㎡))

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:北都交通または同等クラス(座席は1名様2席ご用意)

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2021年9月25日(土)〜2021年9月26日(日)
136,000円
仮予約・資料請求
1〜2名様1室 ※お1人様参加も同代金

18名様限定

 

同行講師 駒澤大学教授 村松哲文(むらまつてつふみ)氏

ユーモアあふれる語り口と親しみやすい講義内容が評判の先生です。早稲田大学會津八一記念博物館助手を経て、駒澤大学仏教学部教授。専門は、仏教美術史。

 

奥の正法寺 秘佛本尊「如意輪観世音菩薩坐像(にょいりんかんぜおんぼさつざぞう)」御開帳

奥州市の東に位置し、緑豊かな自然に囲まれた大梅拈華山 圓通 正法寺(奥の正法寺)。秘佛本尊「如意輪観世音菩薩坐像」は、寺伝では鎌倉時代後期「春日作」と伝わる六臂半跏像。観世音菩薩の悟りを意味する「圓通」により、正法寺法堂の本尊としてお祀りされており、理知的な面相の宋風の本格的な鎌倉彫刻で秘佛とされています。

 

中尊寺讃衡蔵 阿弥陀如来坐像(重文)

光勝院の本尊と伝え、近世には閼伽堂に伝来した。宝物館・讃衡蔵に安置される以前は本堂の本尊。足を結跏趺坐に組み、手は定印を結ぶ。定朝様の優美な平安仏。

 

秋の奥州・平泉に秘仏を訪ねる

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号