国内旅行

旅行コード
H0203

東北レストラン鉄道
TOHOKU EMOTIONエモーション」貸切で行く
豊穣ほうじょうの海の恵みを味わう三陸美食旅
来訪神「なもみ」と乗る「三陸鉄道」貸切乗車 2日間
「東北エモーション」
貸切デザート&アフタヌーンティー企画

初夏の三陸で「雲丹(うに)」「鮑(あわび)」の海の幸と
ブランド牛「短角牛(たんかくぎゅう)」を食す

走るレストラン「TOHOKU EMOTION」(東北エモーション)

走るレストラン「TOHOKU EMOTION」(東北エモーション)/イメージ
画像提供:JR東日本

出発月
7月
主な方面
岩手
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

ホテル羅賀荘(和室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
12名
添乗員
全行程同行
その他

利用バス会社:東日本交通または同等クラス(バスの座席は1名様2席ご用意)

※「TOHOKU EMOTION」 復路:久慈駅→八戸駅乗車

※「TOHOKU EMOTION」の号車内での座席位置(海側確約)は当社で指定させていただきます。

※バスガイドは同乗しません。予めご了承ください。

※感染症拡大の影響や、施設の都合により見学順序や内容が変更となる場合があります。予めご了承下さい。

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2021年7月16日(金)〜2021年7月17日(土)
  • 催行確定間近
129,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合12,000円増し
※往復新幹線グリーン車をご希望の方は、旅行代金に10,000円増しで承ります。

三陸鉄道 × 久慈広域観光協議会 × 日本経済新聞社グループ日経カルチャー共同特別企画

 

当コースでは、座席数48席「TOHOKU EMOTION」と「三陸鉄道」の2列車を貸切り、人数を20名様以下に制限して乗車します。

 

「三陸鉄道」貸切

車中では、日経カルチャーのために三陸沿岸北部に伝わる1年の無病息災を願う「なもみ」をご覧いただきます。そして、三陸鉄道社員に復興とこれからの未来について語っていただきます。

 

列車全体がレストラン空間 東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」 海側眺望のお席を確約

ホテルメトロポリタン盛岡のパティシエ 熊谷崇氏によるTOHOKU EMOTIONオリジナルデザートをご堪能

八戸駅⇔久慈駅を走り、デザイン、食、アート、景色など様々な魅力が詰まっており、特に「食」については、目の前で調理されるオープンキッチンをはじめ、列車全体がレストラン空間となる「東北レストラン鉄道」です。車窓から広がる三陸の海を眺めながら食と列車の旅をお愉しみください。

 

<1日目 昼食>

ロレオール田野畑で堪能するフレンチコース料理

農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」を受賞した地域の食文化の発展をめざすフランス料理の伊藤勝康シェフによる地元食材を活かしたフレンチのコース料理をご堪能いただきます。

 

<1日目 夕食>

ホテル羅賀荘で味わう三陸の幸「雲丹」「鮑」やブランド牛「短角牛」を活かした三陸特別会席

三陸海岸の大パノラマを背景に、お部屋の窓から紺碧の海が眺められる白亜のリゾートホテル。眼下に迫る雄大な自然美の展望風呂と、三陸の海の恵み『雲丹』『鮑』やブランド牛『短角牛』を使用した会席料理をお愉しみいただきます。

 

<2日目 昼食>

【貸切】魚棚で堪能する料理長厳選「北三陸特別磯料理」

大人の隠れ家的空間で、旬の食材を活かした料理長厳選の北三陸特別磯料理をご堪能いただきます。日経カルチャーのお客様だけの貸切でお食事をお愉しみいただきます。

 

「三陸鉄道」貸切

車中では、日経カルチャーのために三陸沿岸北部に伝わる1年の無病息災を願う「なもみ」をご覧いただきます。そして、三陸鉄道社員に復興とこれからの未来について語っていただきます。

 

龍泉洞

日本三大鍾乳洞の一つとされ、また洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されています。洞内総延長は知られている所で4,088m、そのうち700mが公開中です。

 

北山崎

まさに息を呑む海のアルプス高さ200mの断崖が連なる景勝地。高さ200mの断崖に、奇岩怪石、大小さまざまな海蝕洞窟とダイナミックな海岸線が約8㎞にもわたり続きます。

東北レストラン鉄道「TO東HOKU北 EMOTIONエモーション」貸切で行く豊穣ほうじょうの海の恵みを味わう三陸美食旅来訪神「なもみ」と乗る「三陸鉄道」貸切乗車 2日間「東北エモーション」貸切デザート&アフタヌーンティー企画

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号