国内旅行

旅行コード
3901

西武鉄道 旅するレストラン
「 52席の至福」で行く夏の秩父
SLパレオエクスプレスと天空の集落

往路乗車 ブランチコース

西武鉄道「旅するレストラン 52席の至福」

西武鉄道「旅するレストラン 52席の至福」/イメージ

出発月
7月
主な方面
埼玉
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

ナチュラルファームシティ農園ホテル(洋室または和室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
8名
その他

利用バス会社:三笠観光バスまたは同等クラス

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
西武新宿駅発/西武池袋駅着
日程
旅行代金
2021年7月31日(土)〜2021年8月1日(日)
93,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し

大好評! 気軽に楽しめるレストラン列車

観光電車 旅するレストラン 52席の至福で楽しむ秩父

 

「旅するレストラン52席の至福」

西武鉄道100周年を記念して2016年より運行開始。爽やかなブルーを基調とした車両は4両編成。2両が「客席車両」で、客席は全部で52席。ゆったりと過ごせる贅沢なレストラン列車です。外装・内装は、世界的建築家・隈 研吾さんがデザイン。秩父の自然をイメージし、内部には沿線の特産や伝統工芸を使用しこだわっています。お席でいただくお料理は埼玉県の食材などを中心に作られた、有名店・シェフ監修のコース料理を季節替わりで提供しています。気軽に日常を「非日常」に変える「旅するレストラン 52の至福」をご体験ください。

 

都心から一番近い蒸気機関車「SLパレオエクスプレス」

秩父鉄道のSL、C58363は、かつて東北地方などの旧国鉄で活躍したSLです。1972年に現役引退後は、吹上町立吹上小学校の校庭で小学生と一緒にのんびりと余生を送っていましたが、さいたま博覧会(1988年)にあわせて「SL運行を!」の声があがり、その大役にC58363が抜擢されたのです。1987年に車籍を復活。1988年に秩父路のSLパレオエクスプレスとして誕生しました。秩父鉄道の熊谷駅から三峰口駅の区間を片道約2時間40分かけて1日1往復します。

 

“地球の窓”長瀞 岩畳

観光地としても名高い長瀞は、旧親鼻橋から旧高砂橋までの荒川の両岸が国指定の名勝・天然記念物になっています。中でも岩畳や秩父赤壁が有名です。荒川は、この岩畳一帯で青く淀んだ瀞になって美しさを増し、付近一帯の景観は舟下りの観光客の目を楽しませています。ここの地形は白亜紀前期に海洋底に堆積した火山噴出物と泥や砂が、白亜紀後期にプレートと共に地下20~30km以上深くに取り込まれ変成を受けてできました。地下深くで起こった変成作用や上昇の過程が地表で観察できることから、「地球の窓」と言われ、大変貴重な景観となっています。

西武鉄道 旅するレストラン「 52席の至福」で行く夏の秩父SLパレオエクスプレスと天空の集落

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号