国内旅行

旅行コード
2057

三陸海岸のはじまり リアスを望む絶景
貸切海上タクシーで行く
〝神の島〞金華山 黄金山神社 龍神祭 龍踊り奉納

獲れたての海の幸 鮑・フカヒレを味わう

金華山/イメージ

金華山/イメージ

出発月
7月
主な方面
宮城
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

島周の宿さか井(和室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
8名
旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2021年7月24日(土)〜2021年7月25日(日)
159,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合5,000円増し

神の島 金華山 黄金山神社

三陸海岸が始まる石巻市牡鹿半島の突端の先にある周囲約25kmの島・金華山。島全体が神域となっており「神の島」と言われています。「東北三大霊場(出羽三山・恐山・金華山)」のひとつとして知られ,野生の鹿や猿は”神の使い”として大切に保護されています。東日本大震災の震源に最も近く大きな被害がでましたが明治期の社殿は奇跡的に無事でした。現在も「金華山支援プロジェクト」と題したボランティア活動など復旧作業が進められています。

 

龍神祭 龍(蛇)踊り奉納

中国様式に日本古来の風俗と神道的要素を加えた金華山独特の衣装をまとい総勢約40名、動と静が渾然一体となって、全長20m、重さ100kgの龍体は、銅鑼や太鼓、龍声ラッパを中心とする賑やかな鳴り物衆に盛り立てられ、玉使いと10人の龍衆によって、特設祭場を踊ります。龍衆によって操られる龍は、玉を追って、ある時は怒涛のように激しく、ある時は凪のように静かに、生き物のように踊ります。

 

金華山を間近で見られる立地と三陸の海鮮料理を満喫

島周の宿さか井

全室オーシャンビューのお部屋と海に面した絶景露天風呂。雄大な海と南三陸金華山の絶景が眼の前に。お食事は三陸の荒波が育てた海の幸をふんだんに盛り込んだ料理。金華山を眺めながら、ごゆっくりお楽しみ下さい。 

三陸海岸のはじまり リアスを望む絶景貸切海上タクシーで行く〝神の島〞金華山 黄金山神社 龍神祭 龍踊り奉納

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号