国内旅行

旅行コード
5702

神武東征の道 熊野から吉野、宇陀、そして橿原の地へ

宗教哲学者 鎌田東二先生同行解説で聖地を巡る

神武東征

神武東征/イメージ

出発月
7月
主な方面
和歌山・奈良
旅行日数
3日間
宿泊ホテル

湯の峰温泉 湯の峯荘(和室)

洞川温泉 光緑園 西清(和室)

食事条件
朝2回・昼3回・夕2回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:龍神バスまたは同等クラス(座席は1名様2席ご用意)

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2021年7月2日(金)〜2021年7月4日(日)
182,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合12000円増し

16名様限定

 

日向から東征に出発したカムヤマトイワレビコ(のちの神武天皇)が熊野にたどり着いたあと、天照大神が遣わした八咫烏が大和の橿原まで案内したという神話をたどり、熊野・吉野・宇陀を巡ります。途中、武運を祈願したという玉置神社などを訪れ、天河大弁財天社では正式参拝をしていただきます。

 

天河大弁財天社正式参拝

 

同行講師 鎌田 東二(かまた とうじ)氏

1951年徳島県生まれ。日本の哲学者、宗教学者。京都大学名誉教授、上智大学グリーフケア研究所特任教授、放送大学客員教授。

神武東征の道 熊野から吉野、宇陀、そして橿原の地へ

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号