国内旅行

旅行コード
4286

歴史街道 中山道木曽路を地元のガイドと歩く旅

2つの美しい宿場町『妻籠宿』から『馬籠宿』へ

妻籠宿/イメージ

妻籠宿/イメージ

出発月
7月
主な方面
長野・岐阜
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

木曽御嶽温泉 つたや季の宿 風里(和室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
6名
旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
新宿駅発/東京駅着
日程
旅行代金
2021年7月2日(金)〜2021年7月3日(土)
129,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合18,000円増し

馬籠宿

石畳の坂道に沿って江戸時代の街並みが保存されている木曽11宿の最南端に山の斜面に沿った全長1km余りの小さな宿場町です。標高約600mと比較的高い場所に位置し、眼下に中津川の街並みを望むことができます。

 

妻籠宿

慶長6年、幕府により宿駅が定められ、江戸から42番目の宿場として整備されたのが妻籠宿です。昭和43年からの町並み保存事業により、宿場の景観をよみがえらせました。51年には国の重要伝統的建造物群保存地区第1号に選定されています。

 

中山道と宿場町を巡る木曽路ウォーク

中山道とは江戸時代の五街道のひとつで、京と江戸を結んだものです。中山道は木曽を通るので「木曽路」とも呼ばれ、参勤交代や大名や皇族のお輿入れにも盛んに利用されました。全工程が約540kmの街道に69ヶ所の宿場が置かれ、そのうち11宿が木曽にあります。今回、木曽11宿の内、2つの美しい宿場町『妻籠宿』から『馬籠宿』をつなぐ全長約8km、約3時間の中山道ウォークをガイドの案内でゆっくり歩きます。また、歴史街道中山道木曽11宿のいくつかの宿場町についてもご案内いたします。

 

添乗員 飯島秀樹が2日間同行

歩くことが好きで、添乗経験も長く、知識豊かなベテラン添乗員がエスコートします。

 

大自然の中にぽつりと佇む宿『つたや季の宿 風里』

つたや季の宿 風里

大自然の中にぽつりと佇む宿、風里。宿を囲む自然は四季折々にその表情を変え、旅人の心を癒してくれます。開田高原の自然の中で育った新鮮な野菜 山菜を使用し、木曽開田高原で料理の鉄人大田忠道氏がプロデュースした料理「自然流新菜野料理」をご堪能いただきます。

歴史街道 中山道木曽路を地元のガイドと歩く旅

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号