国内旅行

旅行コード
6052

日本最後の清流『四万十川』で自然に還る
清流の鮎を屋形船で食す

土佐山の豊かな大自然に囲まれた全16室の『オーベルジュ土佐山』と
四万十の城山に建つ全9の温泉旅館『なごみ宿 安住庵』でゆっくり憩う

四万十川/イメージ

四万十川/イメージ

出発月
7月
主な方面
高知
旅行日数
3日間
宿泊ホテル

オーベルジュ土佐山(洋室)

なごみ宿 安住庵(特別展望室 和室または和洋室、8畳+ツイン和洋室)

食事条件
朝2回・昼3回・夕2回
最少催行人員
6名
旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2021年7月15日(木)〜2021年7月17日(土)
268,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/2泊目:8畳+ツイン和洋室
※このコースは2名様以上でお申し込み下さい。
2021年7月15日(木)〜2021年7月17日(土)
270,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/2泊目:特別展望室・和室または和洋室
※このコースは2名様以上でお申し込み下さい。

四万十川

“日本最後の清流”と呼ばれ、地元の人々や多くのナチュラリストに保護されている四万十川を風情ある屋形船遊覧で川下りを楽しみながら、鮎料理など四万十の味覚を味わい、四万十川とともに暮らす人々の生活や水辺の動植物にふれ、私たちが日ごろ忘れかけている日本人の心の原風景を探します。

 

なごみ宿 安住庵

四万十川を見下ろす市内随一の眺望。城山に建つ一軒宿で、ゆったりと行き届いたサービスができるよう部屋数も僅か9部屋。四万十川を眼下に眺められる露天風呂と会席料理をご堪能いただきます。

 

オーベルジュ土佐山

四国、高知市の奥座敷に佇む土佐山の豊かな大自然に囲まれた全16室の宿。喧騒を逃れ高知市内から約30分。土佐の海山川里の旨いものは徹底的に高知産にこだわったオーベルジュならではのこだわりの味をお愉しみいただきます。

 

土佐和紙工芸村くらうど

土佐和紙「紙すき」体験と地元いの町の農家さんが作った野菜を活かした洋食の昼食をお愉しみいただきます。

 

得月楼

創業百五十年の皿鉢料理を楽しめる料亭「得月楼」。旬の食材を活かした土佐会席料理をお愉しみいただきます。

日本最後の清流『四万十川』で自然に還る清流の鮎を屋形船で食す

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号