国内旅行

旅行コード
5569

奥嵯峨の地で創業四百年
『鮎茶屋平野屋』で 食す若鮎づくし
「二傳」の鱧と「松乃鰻寮」の鰻を味わう

〝初夏から夏の味覚〞〈あゆはもうなぎ〉揃い踏み

平野屋 外観

平野屋 外観/イメージ

出発月
6月
主な方面
京都
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

京都ホテルオークラ(洋室・約37㎡・東山側禁煙室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
5名
旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2021年6月11日(金)〜2021年6月12日(土)
188,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月12日(土)〜2021年6月13日(日)
194,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月13日(日)〜2021年6月14日(月)
188,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月18日(金)〜2021年6月19日(土)
188,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月19日(土)〜2021年6月20日(日)
194,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月20日(日)〜2021年6月21日(月)
188,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
発着地
京都駅集合解散
日程
旅行代金
2021年6月11日(金)〜2021年6月12日(土)
156,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月12日(土)〜2021年6月13日(日)
162,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月13日(日)〜2021年6月14日(月)
156,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月18日(金)〜2021年6月19日(土)
156,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月19日(土)〜2021年6月20日(日)
162,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し
2021年6月20日(日)〜2021年6月21日(月)
156,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し

哲学の道に舞う蛍を愛でる

 

鰻料理専門「洛北 松乃鰻寮」

洛北・妙満寺の近くにある、欅を多用した屋敷構えの建物。陶芸家・上田恒次氏の設計によるその佇まいは、昔懐かしい日本の風景を思い出させてくれます。1939年創業の鰻料理専門店にて、ふっくらと柔らかく香ばしい鰻を、蒲焼や白焼でご堪能ください。

 

創業250余年の老舗「京料理 二傳」

宝暦7年(1757年)、初代傳七が、魚屋を開いたところからその歴史が始まります。店は二条城への出入りを許され、「二条城出入りの傳七」が詰まり、屋号を「二傳」と呼ばれるようになります。伝統に裏打ちされた熟練の包丁さばきで調理された、京の夏には欠かせない鱧料理をご賞味いただきます。

 

鮎好きが集う老舗「鮎茶屋 平野屋」

古くから愛宕神社への参詣者をもてなす茶店を構え、保津川渓谷に近い立地から鮎問屋を営んできた平野屋。漁師が釣った新鮮な若鮎を、塩焼き・背ごし・鮎ごはんなどでご堪能いただきます。愛宕神社の参詣者に親しまれてきた名物の「志んこ(団子)」と、14代目女将のおもてなしで至福のひとときをお過ごし下さい。

奥嵯峨の地で創業四百年『鮎茶屋平野屋』で 食す若鮎づくし「二傳」の鱧と「松乃鰻寮」の鰻を味わう

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号