国内旅行

旅行コード
5459

[世界遺産]醍醐寺太閤花見行列と
仁和寺特別拝観

京都と滋賀の桜を愛でる【限定20名様のこだわりの旅】
京都を代表する2つの世界遺産と明智光秀ゆかりの地

醍醐寺太閤花見行列/イメージ

醍醐寺太閤花見行列/イメージ

出発月
4月
主な方面
京都
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

ダイワロイネットホテル京都八条口(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:京都観光バスまたは同等クラス(座席は1名様2席ご用意)

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2021年4月10日(土)〜2021年4月11日(日)
113,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室利用は2,000円増しでシングルルームとなります。
※往復グリーン車ご希望の方は、12,000円増しでご案内いたします。
発着地
京都駅集合解散
日程
旅行代金
2021年4月10日(土)〜2021年4月11日(日)
91,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室利用は2,000円増しでシングルルームとなります。
※往復グリーン車ご希望の方は、12,000円増しでご案内いたします。

特別企画

名勝「御室桜」を貸切で愛でる[世界遺産]仁和寺 早朝貸切拝観

 

皇室ゆかりの仁和寺を日経カルチャーのお客様だけで早朝貸切拝観

名勝「御室桜」をはじめ御殿・庭園・非公開茶室を、僧侶の解説でお愉しみいただきます。

 

仁和寺「御室桜」と「遼廓亭」「飛濤亭」特別拝観

遼廓亭の創建は、1661年(万治4年)から1750年(寛延3年)の間と云われ、尾形光琳や後述の野々村仁清などの著名な人物も住んでいたと云われます。飛濤亭は天保年間に造営された茶室で、遼廓亭よりも後に造営された茶室で、光格天皇自らが設計に携わったとされ、生涯愛したとされる茶室です。

御室桜は遅咲きの里桜で、丈が低いのが特質。大正13年天然記念物法により、国の名勝に指定されました。現在の御室桜は1696年の伽藍再建の折りに植えられたもので、約200株ある。

 

明智光秀ゆかりの地へ

西教寺

琵琶湖に近く、総門は光秀の居城「坂本城」からの移築です。明智光秀一族のお墓、本堂、客殿など多数の見所があります。

 

近江料亭 大津魚忠での昼食とびわ湖のほとりでフレンチディナー

国登録有形文化財の料理店「大津魚忠」で、郷土懐石の昼食と、琵琶湖のほとりに佇むレストラン「びわ湖大津館」では、優雅にフレンチディナーをお楽しみください。

 

醍醐寺豊太閤花見行列

豊臣秀吉が行った歴史上有名な花見といえば「醍醐の花見」。慶長3年(1598)の春、秀吉は花見に際して畿内から700本の桜を植え、三宝院の建物と庭園を造り、盛大な宴を開きました。息子・秀頼や正室・北政所(きたのまんどころ)、側室の淀、三の丸など女房衆1300人余りが参加したといわれています。

※コロナウイルス感染症拡大状況により、規模の縮小等がある場合がございます。

[世界遺産]醍醐寺太閤花見行列と仁和寺特別拝観

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号