国内旅行

旅行コード
4192

高遠城址公園の桜と
ユネスコ無形文化遺産『春の高山祭』

乳白の湯 昔ながらの源泉かけ流しの宿 白骨温泉『湯元齋藤旅館』に憩う

高遠城址公園の桜/イメージ

高遠城址公園の桜/イメージ

出発月
2021年4月
主な方面
岐阜・長野
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

白骨温泉 湯元齋藤旅館(洋室・昭和館)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
6名
その他

利用バス会社:丹生川観光バスまたは同等クラス(座席は1名様2席ご用意)

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅発/新宿駅着
日程
旅行代金
2021年4月15日(木)〜2021年4月16日(金)
133,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合15,000円増し

高山祭

春の高山祭(山王祭)・秋の高山祭(八幡祭)とあわせて日本三大美祭のひとつに数えられています。

「高山祭の屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社の例祭です。

 

高遠城址公園の桜

ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みのある可愛らしい花を咲かせ、古くから「天下一の桜」と称されています。

「さくら名所100選」にも選ばれている全国的にみても桜名所のひとつです。

 

創業明治23年『割烹 松本館』で堪能する季節の彩り膳

 

白骨温泉 湯元齋藤旅館

中里介山の小説「大菩薩峠」ゆかりの宿。昔ながらの源泉かけ流し、独特の乳白色の温泉でゆっくりとお寛ぎいただき、信州の食材をたっぷり使用した会席料理をご堪能いただきます。

高遠城址公園の桜とユネスコ無形文化遺産『春の高山祭』

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号