国内旅行

旅行コード
7327

瀧廉太郎や与謝野晶子、徳富蘇峰など
多くの文化人が愛した
長湯温泉を代表する老舗「大丸旅館」に寛ぐ
“観光カリスマ”竹田市長 首藤勝次氏が特別ガイド

【24名様限定】大分県竹田市 特別協力企画

出発月
2021年3月
主な方面
大分
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

長湯温泉 大丸旅館(本館:和室/別館:和室または洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:大野竹田バスまたは同等クラス(座席は1名様2席ご用意)

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2021年3月27日(土)〜2021年3月28日(日)
198,000円
仮予約・資料請求
本館2名様1室 ※1名様1室の場合15,000円増し
2021年3月27日(土)〜2021年3月28日(日)
208,000円
仮予約・資料請求
別館 藤花楼2名様1室

竹田市長からのメッセージ

本市は、豊後南画の祖・田能村竹田先生や、名曲「荒城の月」を作曲した瀧廉太郎先生などを輩出した歴史文化薫る風光明媚な都市で、この企画限定で公開する時空を超えて残る貴重な資料や、世界屈指の高濃度炭酸泉などを堪能できる老舗旅館をご準備してお待ちしております。

※首藤市長には1日目昼食から2日目岡城址までご同行いただく予定でおりますが、公務等により一部予定が変更の場合がございます。ご了承ください。

 

温泉総選挙2016「健康増進部門」全国第一位の効能炭酸温泉 長湯温泉 大丸旅館

大正6年創業以来、与謝野鉄幹・晶子夫妻、大仏次郎、徳富蘇峰など多くの文化人や著名人に愛用されてきた浪漫を感じさせる老舗旅館。どのお部屋からも眼下に芹川の清流を望み、「大丸本館」と「別館 藤花楼」からなる全15室。「大丸本館」は平成ともに生まれ、日本旅館の伝統を感じさせる落ち着いた造り。続きの「大丸別館「藤花楼」」は大正6年創業当時の設計を元に復元した浪漫あふれる造りです。

 

瀧廉太郎ゆかりの地 特別企画

瀧廉太郎は明治12年8月24日、東京市芝区南佐久間町(当時)で生まれ、明治24年、一家全員で竹田へ転居。12歳から14歳まで竹田市で暮らした屋敷は、現在は瀧廉太郎記念館になっている。学校の裏にある岡城址が遊び場で、瀧廉太郎作曲「荒城の月」のモチーフになったと言う。

 

竹田市歴史文化館・由学館 瀧廉太郎直筆の楽譜「憾(うらみ)」原本など直筆資料を初公開

工藤心平学芸員のご案内で見学します。

コントラバス奏者森田良平氏による「荒城の月」特別ミニコンサート

 

キリシタン研究所・資料館 隠れキリシタンゆかりの秘蔵文化財特別公開

後藤篤美所長に、キリシタン洞窟礼拝堂もあわせて特別ガイドいただきます。

 

岡城址の桜

標高325mの高さにそびえ立つ堅城で、城内にはたくさんの桜の木があり、その美しさから『日本さくら名所100選』にも選定。小型車に乗り換えて本丸近くまで参ります。 ※2020年の満開は3月29日

 

 

 

瀧廉太郎や与謝野晶子、徳富蘇峰など多くの文化人が愛した長湯温泉を代表する老舗「大丸旅館」に寛ぐ“観光カリスマ”竹田市長 首藤勝次氏が特別ガイド