国内旅行

旅行コード
8158

日本三大料亭「新ばし金田中」新春会席料理

お正月だけの特別公開 横山大観の襖絵「富士と箱根連峰」

金田中 正面座敷/イメージ

金田中 正面座敷/イメージ

出発月
2021年1月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
15名
その他

利用バス会社:関越バスまたは同等クラス

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅前
日程
旅行代金
2021年1月13日(水)
55,000円
仮予約・資料請求

GO TO トラベルキャンペーンについて

 

「新ばし 金田中」

創業は大正中期、日本屈指の格式を持つ新橋花柳界の文化を守り続ける、日本三大料亭のひとつといわれる料亭です。料理、調度、芸能と日本文化の集大成で日本の粋を味わいます。二階の「松の間」は、長きに渡り多くの客人をもてなしてきた「金田中」の象徴的お座敷。この「松の間」に年に1度お正月のみ飾られるのが、横山大観画伯が1カ月以上金田中に通い完成させた22枚の襖絵「富士と箱根連峰」です。初春にふさわしい大作とともに、新春会席料理を堪能いただき、新しい年を寿ぎます。

 

横山大観記念館

明治、大正、昭和 三代を通じて日本画壇の第一人者、横山大観画伯の旧宅。大正8年、大観自身のデザインにより建てられた木造2階建ての京風数奇屋風日本家屋と庭園、自宅兼画室として使用されていました。

日本三大料亭「新ばし金田中」新春会席料理

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号