国内旅行

旅行コード
9172

【限定24名】桃山時代を駆け抜けた天才絵師
「長谷川等伯の世界」
国宝『松林図屏風』 国宝『楓図壁貼付』を観る

銀座加賀屋で味わう能登の会席料理

長谷川等伯像/イメージ

出発月
11月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
15名
その他

利用バス会社:関越バス又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
大手町 日経東京本社ビル集合/東京駅前解散
日程
旅行代金
2020年11月26日(木)
23,000円
仮予約・資料請求

【講師】等伯研究者・美術講師 黒田泰三さん(明治神宮ミュージアム 館長)

 

東京国立博物館 特別展「桃山─天下人の100年」鑑賞

第148回直木賞を受賞した安部龍太郎氏の小説『等伯』でも知られ、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した画家・長谷川等伯。時の権力者・豊臣秀吉や千利休らに重用された天才絵師の波乱万丈の生涯や時代背景を学び、日本水墨画の最高峰といわれる国宝「松林図屏風」(東京国立博物館蔵)や国宝『楓図壁貼付』(京都・智積院蔵)を鑑賞します。鑑賞前には、等伯の研究者・黒田泰三さんを講師に迎え「長谷川等伯の世界」と題した美術レクチャーを実施いたします。北陸の地方絵師から京都画壇の中心的な存在に上り詰めた等伯の生涯と国宝「松林図屏風」の見方を紹介します。昼食は、等伯の出身地に因み、和倉温泉加賀屋の銀座店にて、能登半島の味覚を堪能。日経カルチャーの為だけの特別料理、輪島塗をはじめ石川県の伝統工芸の器に能登の食材をふんだんに盛り込んだ会席をお楽しみいただきます。

【限定24名】桃山時代を駆け抜けた天才絵師「長谷川等伯の世界」国宝『松林図屏風』 国宝『楓図壁貼付』を観る

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号