国内旅行

旅行コード
2064

運行1周年 観光列車「海里かいり」で行く
庄内美食旅

日本海の絶景と美食を楽しむ観光列車

海里/外観 イメージ

海里/外観 イメージ

出発月
10月
主な方面
山形
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

湯野浜温泉・游水亭いさごや(和室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕2回
最少催行人員
15名(最大18名)
その他

利用バス会社:いでは観光または同等クラス(座席は1名様2席ご用意)

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2020年10月30日(金)〜2020年10月31日(土)
  • 催行確定
  • 満席
156,000円
仮予約・資料請求
【Aコース】2名様1室※1名様1室の場合10,000円増し
2020年10月31日(土)〜2020年11月1日(日)
  • 催行確定
  • 満席
158,000円
仮予約・資料請求
【Bコース】2名様1室※1名様1室の場合10,000円増し

ダイニング車両を日経カルチャー貸切乗車

※当コースは座席数24席の4号車を貸切り、人数を18名様以下に制限して乗車します。

<貸切>4号車 ダイニング車両

「新潟の食」「庄内の食」を存分に堪能いただける2人掛けと4人掛けを備えたダイニング車両です。車内にてAコースは食の親善大使・奥田政行シェフのレストラン「アル・ケッチァーノ」の庄内イタリアン、Bコースは新潟の老舗料亭「鍋茶屋」が調理した新潟ならではの“日本料理”を堪能します。

 

<食事>海里 お食事のご案内

Aコース|10/30発 復路

鶴岡「アル・ケッチァーノ」

「食の都庄内」親善大使をつとめている日本のトップシェフ・奥田政行氏が監修し「アル・ケッチァーノ」のシェフが調理した“奥田イタリアン”を提供。

 

Bコース|10/31発 往路

料亭 新潟 鍋茶屋

新潟の料亭が点在する古町花街で、100年以上続く歴史と格式ある料亭。創業は江戸末期、初代がすっぽん鍋料理を始めた事がその名の由来とされ、174年もの間一流の味と風格を繋ぎ続けた、新潟ならではの“日本料理”を提供。

 

新潟・庄内の美食と絶景を列車で味わう

昨年10月に登場した新潟~酒田の日本海沿いを走る新しい観光列車「海里(かいり)」。「新潟の食」「庄内の食」「日本海の景観」をコンセプトに、豊かな海や里の美味しいものや景色を楽しみます。

4両編成の列車に1両だけ設置されるダイニング車両(24席)を貸切り、車内で海里でしか味わえない新潟や庄内の旬の食をいただきます。

 

 

歴史と美の殿堂で日経カルチャーだけのお宝拝見

鶴岡 致道博物館

旧庄内藩主酒井家18代当主・酒井忠久氏がご案内。

旧庄内藩主酒井家の御用屋敷を博物館として公開。酒井家18代当主・酒井忠久氏は致道博物館の館長、松ヶ岡開墾場総長、日本美術刀剣保存協会会長なども務めています。鶴岡の人たちは今も「酒井の殿はん」と親しみを込めて呼んでいます。

 

酒田 本間美術館

田中章夫館長の解説付きで非公開茶室ほか特別見学。

酒田の豪商・本間家の別荘と庭園を美術館として開館。当館で40年近く学芸員を務める8代目館長・田中章夫氏の解説つきで鑑賞します。通常非公開の茶室「六明蘆」、本間家ゆかりの茶道具、松尾芭蕉酒田来訪時のゆかりの品なども特別に拝見します。

 

<宿泊>湯野浜温泉「游水亭いさごや」

庄内砂丘の波打ち際に建つ日本海を眺める近代和風の宿。夕食は日本海の海の幸を味わう、からだにやさしく上質な懐石料理、日本海をのぞむ6つのお風呂で海に沈む美しい夕陽を眺めながら温泉に浸かる最高の贅沢!

 

羽黒山 五重塔

羽黒山参道、杉並木の中にある東北地方では最古の塔。

平将門の創建と伝えられ、現在の塔は約600年前に再建されたものといわれる。昭和41年に国宝に指定された。

運行1周年 観光列車「海里かいり」で行く庄内美食旅

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号