国内旅行

旅行コード
4931

明智光秀ゆかりの地へ
越前・近江編
越前で過ごした謎の10年間と織田家臣期の宿敵 朝倉義景・浅井長政

18名様限定・「麒麟がくる」資料提供として参加 小和田 泰経先生と行く

出発月
10月
主な方面
滋賀・金沢
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

北ビワコホテルグラツィエ(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:ひばり観光バスまたは同等クラス(座席は1名様2席ご用意)

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2020年10月31日(土)〜2020年11月1日(日)
  • 催行確定
127,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し ※往復新幹線グリーン車希望の方は、10,000円増しでご案内いたします。

 

GO TO トラベルキャンペーンについて

 

同行講師 小和田 泰経氏

歴史研究家。戦国時代の合戦と城郭研究のエキスパート。 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」では資料提供として参加。

 

一乗谷朝倉氏遺跡

福井市の南東約10キロ、一乗谷にある朝倉氏遺跡は、戦国時代に朝倉氏五代が103年間にわたって越前の国を支配した城下町跡。

武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷や道路に至るまで町並がほぼ完全な姿で発掘され、国の重要文化財・特別史跡・特別名勝に指定されています。

栄華を極めた城下町の街並みをほぼ完全な姿で再現しており、戦国時代にタイムスリップしたような感覚になります。

福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館では、学芸員石川美咲氏のミニ講義をお伺いします。

 

小谷城跡

浅井家三代にわたる居城で、中世三大山城のひとつ。自然の地形を利用して、東西の尾根づたいに各郭が配置され、本丸、大広間跡などから建物の礎石が出土。

最頂部の大獄にも土塁が残っています。清水谷には、平時における浅井氏と家臣たちの館跡があります。

このツアーでは、バスで中腹の番所跡まで登り、そこから往復約1時間かけて本丸跡まで参ります。

番所跡から本丸跡まで高低差約40m・片道距離約360mの、瓦礫の多い緩やかな山道が続きます。

 

姉川古戦場跡

姉川合戦は、浅井・朝倉軍と織田・徳川軍による激戦の末、浅井・朝倉軍は、小谷城へ敗走。

兵士の血で真っ赤に染まったという姉川野村橋のたもとには現在、戦死者の慰霊碑が立てられています。

 

金崎宮

「織田・徳川連合軍」が朝倉攻めの際に「朝倉軍」と対峙した場所としても有名で、浅井長政の裏切りによって起きた、戦国史上有名な信長の撤退戦「金ヶ崎の退き口」の舞台。(91段の階段を登り本殿参拝まで。頂上の金ヶ崎城跡・月見殿には参りません)

明智光秀ゆかりの地へ越前・近江編越前で過ごした謎の10年間と織田家臣期の宿敵 朝倉義景・浅井長政

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号