海外旅行

旅行コード
711

サファリで過ごす ケニアの優雅な休日 8日間

高級ロッジに泊まり ゆっくり巡る
キリマンジャロの麓 アンボセリ国立公園と動物天国マサイ・マラ国立保護区

アンボセリ国立公園/イメージ

出発月
8月
主な方面
ケニア
旅行日数
8日間
宿泊ホテル

【アンボセリ】タウィ・ロッジ

【マサイ・マラ】ムパタ・サファリ・クラブ(スイート)

※マサイ・マラのロッジにバスタブはありません。専用ジャグジー(屋外)があります。

食事条件
朝食5回・昼食5回・夕食5回及び機内食
利用予定航空会社
エミレーツ航空、カタール航空
最少催行人員
4名様(最大12名様)
添乗員
同行します
旅行予約
03-5259-2666

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
成田または羽田発/成田着
日程
旅行代金
2020年8月9日(日)〜2020年8月16日(日)
  • 催行確定間近
1,980,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/おひとり様 (ビジネスクラス利用)

■1人部屋使用追加代金:125,000円

■ビジネスクラスのご利用は日本⇔ケニア間となります。

◆燃油サーチャージ(0~23,000円)、 国内外の空港諸税(12,160~12,760円)、国際観光旅客税(1,000円)は旅行代金に含まれておりません。確定金額はご出発前に別途ご請求申し上げます。

※表記の金額は2月19日現在の目安金額です。なお、今後変更される場合があります。

◆当コースでは入国時で「6ヶ月以上」の残存有効期間、未使用査証欄が3ページ以上あるパスポートをご用意ください。また、ケニア入国に際に、査証(ビザ)が必要となります。査証(ビザ)実費52.53米ドル、手数料5,500円が別途必要となります。

◆当コースでは、黄熱予防接種は義務付けられておりませんが、受けることが推奨されております。現在、黄熱予防接種の有効期間は「接種10日後から10年間」から、「接種10日後から生涯有効」へと変更されています(10年間の有効期限が記載された証明書(イエローカード)も有効です)。

◆当コースでは、小型機で運航される国内線航空便を利用するため、マサイ・マラ3泊についてはスーツケースをご持参いただけません。3泊分の手荷物をお持ちいただくキャスター付バッグ(15㎏以内かつ60×45×33cm以内)などの鞄を別途ご用意ください。

アンボセリ国立公園

ほぼ赤道直下にありながら万年雪を抱くキリマンジャロの北麓に広がる、約392㎢の公園。この公園での見ものは、なんといっても野生動物の大群とキリマンジャロ。ここから見る姿が一番美しいといわれるキリマンジャロは感動的です。

※天候状況により、キリマンジャロはご覧いただけない場合があります。

 

マサイ・マラ国立保護区

タンザニアとの国境に広がる野生動物の特例保護区で、数万頭のヌーの大移動が有名です。ひとくちに公園といってもその面積は大阪府に匹敵するほど広く、動物の種類・数ともにケニア随一です。この広大なサバンナはケニア最大のライオンの生息地でもあります。

 

【ゆとりの旅1】移動は国内線(小型機)も利用 陸路移動の負担を軽減します

アンボセリからマサイ・マラ、マサイ・マラからナイロビへの移動は国内線(小型機)も利用。陸路移動の負担を軽減します。

 

【ゆとりの旅2】サファリカーは1台4名様まで(ドライバー、添乗員除く)

ドライバー+助手席の他に6名で利用することの多いサファリカーですが乗り心地・ゆとり度合いを考慮しました。

 

憧れの「ムパタ・サファリ・クラブ」に3連泊

ケニア随一の野生動物の宝庫マサイ・マラ国立保護区に隣接した丘の上に立つ、全23室のプライベート感あるロッジです。ジャグジー付きのスイートルームで至福のひと時をお過ごしください。

 

アンボセリでは「タウィ・ロッジ」に連泊

アフリカ最高峰キリマンジャロを望むロケーションにある全13室のロッジ。水飲み場があることから野生動物がロッジの間近を訪れることもあります。

サファリで過ごす ケニアの優雅な休日 8日間

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号