国内旅行

旅行コード
8443

【S席で鑑賞】中村勘九郎・中村七之助 錦秋特別公演2019

寛政2年創業、柴又で文豪達に愛された老舗料亭「川甚」

錦秋2019 中村勘九郎・中村七之助

錦秋2019 中村勘九郎・中村七之助

出発月
10月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:関越バスまたは同等クラス

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅前
日程
旅行代金
2019年10月10日(木)
  • 催行確定
29,000円
仮予約・資料請求

中村勘九郎 中村七之助

錦秋特別公演2019

中村勘九郎、中村七之助を中心に、中村屋一門が毎年行う全国巡業公演です。毎年いろいろな演目を取り上げ、年によっては和太鼓や津軽三味線とのコラボレーション行うなどお客様に楽しんで頂く工夫を凝らしています。

 

演目

一、芸談

出演: 中村勘九郎 中村七之助

この機会でしか見ることの出来ない素顔の勘九郎・七之助が皆様と御一緒に楽しいお話に華を咲かせます。

 

二、艶紅曙接拙(いろもみじつぎきのふつつか) 紅翫(べにかん)

出演: 門弟一同

富士山の山開きで沸き立つ浅草の富士浅間神社。人々が集い、賑やかに踊りを踊っているところにやって来たのは、この辺りの人気者、小間物屋の紅翫(いてう)。多彩な芸を披露すると、やがて一同も踊りに興じます。江戸の風物詩を織り込んだ洒脱な一幕をご堪能下さい。

 

三、三ツ面子守(みつめんこもり)

出演:中村鶴松

江戸の祭礼でおかめ・えびす・ひょっとこのお面を買って笹に付けた子守の娘(鶴松)。帰る途中に背中に背負った子供がむずがるので、お面をかぶりおどけた踊りを踊ってみせて子供をあやします。個性の異なる三つのお面を器用に使い分けた軽妙で楽しい舞踊をお楽しみ下さい。

 

四、松廼羽衣(まつのはごろも)

出演:伯竜 中村勘九郎 天女 中村七之助

三保の松原に舞い降りた天女(七之助)は松の枝に掛けた羽衣を漁師の伯竜(勘九郎)に取られてしまいます。舞を舞ってくれるなら羽衣を返してくれるという伯竜の言葉に、天女は優美な舞を舞いつつ天へと帰って行きます。能『羽衣』を基とした格調高くも艶やかな舞台をご堪能下さい。

 

料亭 川甚

創業は江戸後期、220余年続く川魚料亭の老舗。「男はつらいよ」の他、夏目漱石「彼岸過迄」 尾崎士郎「人生劇場」など多くの文学作品に登場。うなぎほか名物料理を

 

【S席で鑑賞】中村勘九郎・中村七之助 錦秋特別公演2019

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号