国内旅行

旅行コード
6027

空海 弘法大師 ゆかりの地へ

【誕生地】讃岐から土佐 【青年期の修行地】室戸岬・阿波

善通寺の弘法大師像/イメージ

善通寺の弘法大師像/イメージ

出発月
10月
主な方面
高知・徳島
旅行日数
3日間
宿泊ホテル

Royal Hotel土佐(洋室)

ホテルリビエラししくい(洋室または和室)

食事条件
朝2回・昼3回・夕2回
最少催行人員
10名
旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2019年10月12日(土)〜2019年10月14日(月)
  • 催行確定間近
208,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合11,000円増し

高野山大学名誉教授・空海学会会長 武内孝善氏と行く

 

真言宗の開祖であり高野山を開いた空海。現在でも「お大師様」と親しまれ、「四国八十八カ所霊場」巡礼などで厚い民間信仰を集める。各地に伝説や逸話が多く残る空海の生涯はどういうものだったのか。このツアーでは、高野山大学名誉教授武内孝善先生同行解説で、誕生地 讃岐から、青年期の修行地 土佐 室戸岬・阿波のゆかりの地を訪ね、空海の実像に迫る。

 

☆遍路宿は利用せず、2泊ともホテルに宿泊します。

☆巡拝ツアーではありませんので、本格的な白装束を着る必要はありません。

☆車両はジャンボタクシーを利用し、なるべく歩く箇所を減らします。

 

御厨人窟(みくろど)

青年時代の大師が悟りを開いたといわれる洞窟。〝空海〞の名はここから見える空と海に感銘を受けたからと言われている。

※御厨人窟・神明窟は現在、落石のため立入禁止

 

「遍路ころがし」の二寺をゆく

太龍寺

古来より「西の高野」と呼ばれる。西日本で最長全長2,775メートル、山・川越えを行う珍しいロープウェイで太龍寺へ。

焼山寺

焼山寺山の8合目近くにあり、四国霊場で2番目に高い山岳札所。剣山や白髪山など四国山脈の山々がひろがる眺望はすばらしい。

 

空海 弘法大師 ゆかりの地へ

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号