国内旅行

旅行コード
5283

【創業400余年】「鮎茶屋 平野屋」で味わう〝落ち鮎〟
野草一味庵 美山荘の松茸を含む〝摘草料理〟

【京都四條南座】特別席から観る九月花形歌舞伎

美山荘玄関/イメージ

出発月
9月
主な方面
京都
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

京都東急ホテル(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
8名
その他

利用バス会社:京都観光バスまたは同等クラス

旅行予約
03-5259-2660

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2019年9月13日(金)〜2019年9月14日(土)
  • 催行確定
193,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合6,000円増し ※1名様は  シングルルームとなります。

中秋の名月・京都大覚寺「観月の夕べ」に旬の食と個人では味わえない特別な旅を京都で楽しむ

 

野草一味庵 美山荘

京都市内から約90分の美山の里山にひっそりとたたずむ。摘み取った季節の草花や、旬の野菜や魚を取り入れた料理は多くの文人からも愛されています。

 

【期間限定】平岡八幡宮「花の天井」特別拝観

44種の四季折々の花木が描かれた「花の天井」を神職がご案内いたします

 

鮎茶屋 平野屋

保津川水系の清流で獲れた新鮮な鮎を、硯石(すずりいし)でできた生簀に愛宕山の湧水を引き込みそこで一晩休ませます。そうすることにより鮎はお腹の砂をはき生気を取り戻して、食べごろとなります。六月は若鮎、七月から八月が盛りで、九月からの子持ち鮎・落鮎と、季節ごとの味の違いもお楽しみいただけます。現在の女将は14代目で、今も昔からの赤前垂れで15代目若女将とともにお客様をお迎えしております。

 

 

九月花形歌舞伎

 

四世鶴屋南北作 通し狂言 東海道四谷怪談

【出演】片岡愛之助 中村七之助 市川中車

 

本公演の特別席

1F 桟敷席(60席)

2F 1列目正面(28席)

計88席となります。

【創業400余年】「鮎茶屋 平野屋」で味わう〝落ち鮎〟野草一味庵 美山荘の松茸を含む〝摘草料理〟

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号