海外旅行

旅行コード
224

ニースから巡る南仏7日間

現地在住日本人美術ガイド同行

ニース/イメージ

ニース/イメージ

出発月
11月・2020年3月
主な方面
フランス
旅行日数
7日間
宿泊ホテル

【ニース】ハイアット・リージェンシー(海の見えるお部屋)

食事条件
朝食5回・昼食4回・夕食3回及び機内食
利用予定航空会社
ブリティッシュエアウェイズ
最少催行人員
4名様(最大10名様)
添乗員
同行します
旅行予約
03-5259-2666

受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2019年11月13日(水)〜2019年11月19日(火)
  • 催行確定
1,180,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/おひとり様 (ビジネスクラス利用)
2020年3月4日(水)〜2020年3月10日(火)
  • 催行確定間近
1,230,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/おひとり様 (ビジネスクラス利用)

■1人部屋使用追加代金:124,000円

■ビジネスクラスのご利用は全区間が対象です。

◆燃油サーチャージ(21,000円)、国内外の空港諸税(28,030円)、国際観光旅客税(1,000円)は旅行代金に含まれておりません。確定金額はご出発前に別途ご請求申し上げます。

※表記の金額は6月12日現在の目安金額です。なお、今後変更される場合があります。

◆当コースはご入国時で「3ヶ月+滞在期間」以上の残存有効期間があるパスポートをご用意下さい。

◆各地の美術館の絵画は予告なく展示の中止や貸出等の理由によりご覧頂けない場合がございます。

◆訪問する美術館の順番は、現地混雑状況などの現地事情により、変更する可能性がございます。

名だたる芸術家たちを魅了してきた南仏の地で、彼らに思いを馳せる

 

ロザリオ礼拝堂

晩年のマティスが4年の歳月を費やして手掛けた礼拝堂。

 

ニース

貴族の避寒地として栄えた、コートダジュールの中心都市。イタリアの雰囲気漂う家並みが広がる旧市街、天使の湾と海岸通りを一望できる展望台のある城跡公園があります。

 

南仏を代表する3つの美術館(シャガール美術館、マティス美術館、ピカソ美術館)にご案内

シャガール美術館

自然光を上手く取り入れた館内に大作が並んでいます。聖書の物語をテーマにした絵画はもちろん、シャガール自身のデザインによるステンドグラスも訪れる人を魅了します。

 

マティス美術館

鮮やかな赤い外壁には、だまし絵の窓が並び、マティスの豊かな個性を象徴しています。生涯を通して描いた作品約300点が集結した館内は、巨匠マティスの人生の縮図を見ているかのようです。

 

ピカソ美術館

1946年にアンティーブ市長の提案によって、この地にアトリエを構えたピカソ。

そのアトリエのあったグリマルディ城内にピカソ美術館があります。アンティーブ時代の代表作『生きる喜び』をはじめとして、絵画や彫刻、陶器などのピカソ作品が展示されています。

 

【海の見えるお部屋に5連泊】ハイアット・リージェンシー

プロムナード(散歩道)に面し、地中海を一望する素晴らしいロケーションと文化遺産に認定されいるアールデコ様式のノスタルジックな雰囲気が人気のホテルです。

ニースから巡る南仏7日間

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号