国内旅行

旅行コード
5719

万葉集でめぐる奈良 明日香

奈良県立万葉文化館 井上さやか氏同行解説

万葉歌碑 甘樫丘/イメージ

出発月
7月
主な方面
奈良
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

THE KASHIHARA(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:大和ジェット観光バス又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2019年7月20日(土)〜2019年7月21日(日)
  • 催行確定
119,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合5,000円増し

飛鳥は人々にとって〝心の故郷〞でした。

天皇が変わるたびに宮が遷された時代において、都が遷った後も万葉歌人は飛鳥を想い、歌を紡いだのです。

このツアーでは、奈良県立万葉文化館井上さやか氏の同行解説で飛鳥の地を巡ることで万葉歌を読み解きます。

 

甘樫丘の万葉歌碑

采女の袖吹きかへす明日香風 都を遠みいたづらに吹く

現代語訳:采女の袖を吹き ひるがえす明日香の風、今は都も遠く、空しく吹くことよ。

 

奈良県立万葉文化館

井上さやか氏のご案内で万葉集の世界を再現した「万葉劇場」などの常設展・特別展だけでなく、飛鳥池工房遺跡・万葉庭園も見学。大和三山の耳成山、香久山をはじめ、飛鳥ののどかな田園風景が遠望できる「展望ロビー」を貸切で、井上先生の特別レクチャーも開催します。

 

復元古代食「万葉あすか葉盛御膳」

藤原京の遺跡から出土した木簡をもとに、古代・飛鳥の宮廷人が食べていた料理を現代風に再現した復元古代食をお召し上がりください。

 

大型バスで行けない奥飛鳥へ。

万葉の飛び石を抜けて、南淵請安墓や加夜奈留美命神社がある奥飛鳥へ。車窓からは棚田の景色も広がります。

※人数により複数台のバス・タクシーに分乗します

 

 

当ツアーご参加の方お1人様に1冊進呈!

新典社新書『万葉集からみる「世界」』著者:井上さやか

万葉集でめぐる奈良 明日香

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号