国内旅行

旅行コード
4504

ゴールデンウィークに北陸 2つの山・鉾・屋台行事をめぐる

全国山・鉾・屋台保存連合会 参与 菊池健策先生同行解説

城端曳山祭/イメージ

城端曳山祭/イメージ

出発月
5月
主な方面
石川
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

ロイヤルホテル富山砺波(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:エムアールテクノサービス又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2019年5月4日(土)〜2019年5月5日(日)
  • 催行確定間近
154,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合5,000円増し

城端(じょうはな)曳山祭

越中の小京都・城端の春を彩る、城端神明宮の祭礼。先頭に立つ獅子舞と剣鉾が悪霊を鎮め邪鬼を払い、続く傘鉾が神霊をお迎えします。その後を庵屋台の情緒あふれる庵唄、伝統の城端塗の粋を尽くした曳山が続きます。

 

七尾青柏(せいはく)祭

若葉萌える5月に行われる大地主神社(山王神社)の例大祭で、能登地区最大の祭礼。神饌を青い柏の葉に盛ってそなえる儀式からこの名がつきました。高さ12m、重さ20tの日本一大きな曳山「でか山」3台が狭い町なかを曳き廻されます。

 

城端曳山祭・日経カルチャー貸切「庵唄所望」体験

町民の間には親戚や友人を招き、ご祝儀を出して家で庵唄を聞く「庵唄所望」という風習があります。曳山と庵屋台が家に横付けされ、一番山から順に庵唄を披露します。豪華絢爛な庵山と庵屋台を目の前にし、情緒ある庵唄に耳を傾ける...。居ながらにして料亭で遊ぶ気分を味わえます。本ツアーでは、古民家レストランの所望宿を貸切にしてお楽しみいただきます。

ゴールデンウィークに北陸 2つの山・鉾・屋台行事をめぐる

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号