海外旅行

旅行コード
868

夏の祭典・ナーダム祭を訪ねるモンゴルの旅6日間

南ゴビ砂漠の大自然~どこまでも続く大草原、砂丘、渓谷と満天の星空

ナーダム祭/イメージ

ナーダム祭/イメージ

出発月
7月
主な方面
モンゴル
旅行日数
6日間
宿泊ホテル

【ウランバートル】ホリデイイン・ウランバートル、シャングリラ、ベストウエスタン、ブルースカイ

【ダランザドガド近郊】ゴビインナラン・キャンプ

各ホテルではいずれもバスタブは無く、シャワーのみのお部屋となります。

食事条件
朝食5回・昼食4回・夕食4回及び機内食
利用予定航空会社
MIATモンゴル航空
最少催行人員
6名様
添乗員
成田発着にて同行します(関西発は、ウランバートルにて添乗員同行の本隊 と合流します。復路は成田着となります。)
旅行予約
03-5259-2666 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
成田空港
日程
旅行代金
2019年7月10日(水)〜2019年7月15日(月)
498,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/おひとり様 (エコノミークラス利用)

■1人部屋使用追加代金:57,000円

■ビジネスクラスのご利用はお問い合わせください。

◆燃油サーチャージ(2,000円)、国内外の空港諸税(成田発4,530円、関西発4,960円)、国際観光旅客税(1,000円)は旅行代金に含まれておりません。確定金額はご出発前に別途ご請求申し上げます。

※表記の金額は2月13日現在の目安金額です。なお、今後変更される場合があります。

◆当コースはご入国時で「6ヶ月+滞在期間」以上の残存有効期間があるパスポートをご用意下さい。

(※1)現地事情により、国内線を利用した移動スケジュールを変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

(※2)夕陽および星空は天候によりご覧いただけない場合もございます。

南ゴビでゲル宿泊、恐竜の化石や野生動物などの大自然に触れる…。

南ゴビ砂漠ではゲル(モンゴル式のテント)を利用した高級ツーリストキャンプに宿泊し、どこまでも続く大平原と、満天の星空をご覧いただきます。

 

モンゴル民族の祭典 ナーダム

ユネスコ無形文化遺産

1年に一度、毎年7月に、モンゴル最大の祭典「ナーダム」が開催されます。首都ウランバートルのスフバートル広場から開会式が行われるスタジアムへの騎馬隊パレードに始まり、各国からの来賓を招いての開会式は、民族楽器の馬頭琴の演奏や民族舞踊などが披露されます。その後、競馬、相撲、弓矢のモンゴル民族にとっての三大競技がおこなわれ、多くの競技者が遊牧民としての誇りと名誉をかけて技を競い合います。

 

弓射

弓射は、1225 年(諸説あり)に建立されたといわれるモンゴル最古の文字資料イェスンゲ紀功碑に遠矢の記録が残されていることからも、古くから当地に根差した身体文化であるといわれています。

 

競馬

ナーダムで行われる競馬は、5~13歳くらいの子供が騎手を務め、馬の年齢ごとに決められた距離を直線コースで競います。

 

相撲

日本ではモンゴル相撲とよばれているものは、モンゴル語で「ブフ」といい、特にモンゴル国のものは「ハルハ・ブフ」と呼ばれています。ブフはモンゴルで最も人気があり、ナーダムのメーンイベントの1つでもあります。

 

国立歴史博物館

歴史、発掘物、様々な民族の伝統衣装、遊牧民の生活、モンゴル近代化への歩みなど、モンゴルの全てを知ることができます。

 

ガンダン寺

モンゴル最大規模の重要仏教寺院。5000人にも及ぶ僧侶を擁し、仏教教義を学び実践する教育施設ともなっています。境内の観音堂には旧ソ連時代に破壊され、1996年に再建された高さ約25メートルの開眼観音像があります。

 

モンゴルの伝統舞踊にもご案内

モンゴルを代表する伝統舞踊をお楽しみください。

夏の祭典・ナーダム祭を訪ねるモンゴルの旅6日間

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号