国内旅行

旅行コード
2998

太宰治生家「斜陽館」を舞台に日経カルチャー特別イベント
【太宰治の故郷津軽の物語~『魚服記』語りの会】
斜陽館館長・伊藤一弘氏 解説「太宰治~津軽と斜陽館~」

弘前城の桜と津軽三味線と桜の宴

斜陽館/イメージ

出発月
4月
主な方面
青森
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

馬門温泉・まかど観光ホテル(和室)(2名様以上でお申し込みください)

または

青森国際ホテル(洋室・シングルルーム)1名様限定

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
添乗員
東京駅より同行
その他

利用バス会社:中里観光バス又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2019年4月28日(日)〜2019年4月29日(月)
139,000円
仮予約・資料請求
2名様1室(まかど観光ホテル 泊) ※1名様1室(青森国際ホテル 泊)の場合 135,000円
発着地
新青森駅集合解散
日程
旅行代金
2019年4月28日(日)〜2019年4月29日(月)
111,000円
仮予約・資料請求
2名様1室(まかど観光ホテル 泊) ※1名様1室(青森国際ホテル 泊)の場合 107,000円

2019年は文豪「太宰治」がこの世に誕生して110年めの年にあたります。
生誕110周年を記念し、太宰の故郷、桜咲く津軽へ。
代表作品のタイトルにもなっている「津軽」には、太宰治のゆかりの場所がたくさんあります。
生家である「斜陽館」を舞台に、日経カルチャー特別イベント 館長伊藤一弘氏の講演と
北原久仁香さんによる ≪太宰治作品『魚服記』語りの会≫をお楽しみください。

 

斜陽館館長 伊藤一弘氏と語り手・北原久仁香氏がお届けする、太宰治と津軽
1、斜陽館館長・伊藤一弘氏による斜陽館と太宰の故郷・金木のご紹介
2、 故郷津軽を舞台にした太宰作品『魚服記』語りの会(語り:北原久仁香)
3、 公演終了後に館長伊藤一弘氏と北原久仁香氏によるアフタートーク

 

北原久仁香
ナレーター・語り手。
語りと和楽の芸人衆〈かたりと」〉代表。
文化財など由緒ある建物を舞台に、語りと和楽の舞台を企画し出演を続ける。
2017年には、自主企画〈かたりと〉和LIVE『奉教人の死』(芥川龍之介作)が、文化庁芸術祭参加公演となる。

 

藤田記念庭園
弘前公園に隣接する弘前出身の実業家・藤田謙一氏の別邸。
大きな枝垂れ桜も見ごたえがある。
日経カルチャーのお客様だけで池をのぞむ茶屋を貸し切り、津軽三味線演奏を鑑賞しお花見料理をいただきます。

 

芦野公園
太宰治が少年の頃よく遊んだ芦野公園は青森屈指のさくら名所。
銅像や碑、園内を通る津軽鉄道と桜の風景も人気です。

太宰治生家「斜陽館」を舞台に日経カルチャー特別イベント【太宰治の故郷津軽の物語~『魚服記』語りの会】斜陽館館長・伊藤一弘氏 解説「太宰治~津軽と斜陽館~」

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号