海外旅行

旅行コード
216

エジンバラ美術の旅 7日間

ゆったり旅するスコットランド

エジンバラ城/イメージ

エジンバラ城/イメージ

出発月
6月
主な方面
スコットランド
旅行日数
7日間
宿泊ホテル

【エジンバラ】ウォルドルフ・アストリア

食事条件
朝食5回、昼食1回、夕食3回及び機内食
利用予定航空会社
英国航空
最少催行人員
4名様(最大12名様)
添乗員
同行します
その他

■1人部屋使用追加代金:239,000円

■ビジネスクラスのご利用は全区間となります。

◆燃油サーチャージ(35,000円)、国内外の空港諸税(38,000~39,000円)、国際観光旅客税(1,000円)は旅行代金には含まれておりません。確定金額はご出発前に別途ご請求申し上げます。

※表記の金額は1月16日現在の目安金額です。なお、今後変更される場合があります。

◆当コースはご入国時で「3ヶ月+滞在期間」以上の残存有効期間があるパスポートをご用意ください。

◆各地の美術館の絵画は予告なく展示の中止や貸出等の理由によりご覧頂けない場合がございます。

旅行予約
03-5259-2666 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
成田又は羽田空港
日程
旅行代金
2019年6月25日(火)〜2019年7月1日(月)
1,190,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/おひとり様 (ビジネスクラス利用)

エジンバラ城

切り立った岩山の上に聳えるエジンバラ城は、築城する前から天然の要塞として使われていました。幾度となく改築を繰り返し、数奇な運命を辿ってきた歴代スコットランド王の居城は、ずっとその姿を変えず現在も街を見下ろしています。

 

ホリールード宮殿

15世紀から、スコットランド国王夫妻の住居として使われてきました。今でもエリザベス女王陛下が夏に一週間滞在するスコットランドでの公邸として使われています。

 

グラスゴー大聖堂

13~14世紀にかけて創建されたゴシック様式のグラスゴー大聖堂。16世紀の宗教改革の際にスコットランド中の教会が破壊された中、唯一破壊を免れた貴重な建築物です。

 

 

スコットランドの芸術を存分に楽しむ

ナショナルギャラリー

スコットランドの建築家ウィリアム・ヘンリー・プレイフェアが設計した歴史ある美術館。スコットランド絵画をはじめ、初期ルネッサンスから後期印象派の巨匠の作品が充実しています。

 

ヴィクトリア&アルバートミュージアムダンディ

東京五輪の新国立競技場の設計で知られる建築家・隈研吾氏がデザインした、ロンドンに本館のある「ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム」の初めての分館です。

 

近代美術館

ピカソ、マティス、ウォーホールを初めとする芸術家たちの作品を観ることができます。スコットランドの近代美術の国際的文脈や、現代美術に沿って展示されております。

 

ケルヴィングローブ 美術館&博物館

展示室は22を有しており、8,000点以上の作品が展示されています。武器や甲冑、社会的な活動の絵画、さらには自然史の展示もあります。

エジンバラ美術の旅 7日間

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号