国内旅行

旅行コード
9412

空海 弘法大師を知る

東京国立博物館 平成館 特別展
「国宝 東寺 - 空海と仏像曼荼羅」鑑賞

出発月
4月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
15名
その他

利用バス会社:関越バスまたは同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
大手町・日経東京本社ビル集合/自由解散
日程
旅行代金
2019年4月12日(金)
27,000円
仮予約・資料請求

高野山大学名誉教授 武内孝善先生特別講義

<講演:武内孝善(たけうち こうぜん)氏>

1949年、愛媛県生まれ。高野山大学名誉教授。空海研究所所長。2013年設立の「空海学会」初代会長に就任し現代に至る。

 

高野山別院にて精進料理の昼食と「阿字観」体験

 

東寺講堂から15体の仏像が集結。史上最大規模の仏像曼荼羅が出現。国宝の11体は全方位360度から見られるように展示され、講堂とは違った圧巻の仏像曼荼羅を体感していただきます。

 

空海・弘法大師と東寺についてお話しします。

また、「空海と仏像曼荼羅」の見どころについても解説いただきます。

 

「阿字観」は真言宗の瞑想法の一つで、高野山で弘法大師により考案された新参の僧侶が実践しやすい瞑想法。阿字観の修行は精神の集中力と想像力を養い、人間の潜在能力を呼び覚ますと言われています。

空海 弘法大師を知る

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号