国内旅行

旅行コード
5524

ひと回り大きな籠松明(かごたいまつ)があがる
東大寺二月堂修二会

東大寺高僧による「お水取り」のお話

奈良ホテル/イメージ

奈良ホテル/イメージ

出発月
3月
主な方面
奈良
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

奈良ホテル(新館・洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
6名
その他

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2019年3月12日(火)〜2019年3月13日(水)
183,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し

二月堂の真下「特別エリア」から見上げる籠松明

奈良に春を呼ぶ行事として良く知られている東大寺の「お水取り」は、正しくは「修二会(しゅにえ)」と言い、東大寺二月堂の本尊十一面観音像に祈りを捧げ、懺悔(ざんげ)の行を勤める行法のことを指します。天平勝宝4(752)年に始まってから1回も途絶えることなく続き、2018年には1267回を数えます。行法の中の一つとして、3月1日から14日間に渡り、毎晩二月堂に「お松明」が掲げられます。

 

ひと回り大きい籠松明を特別エリアにて見物

3月12日は籠松明と呼ばれるひと回り大きな松明が二月堂にあがります。この籠松明を、二月堂の真下に設けられる特別エリアから間近にご覧いただきます。また、「お水取り」行事が行われるのは3月12日の深夜です。

 

会席料理の夕食

料亭 菊水楼

明治24年に創業し、奈良の和風迎賓館として政財界や文化人に親しまれてきた老舗料亭の味をご堪能ください。

ひと回り大きな籠松明(かごたいまつ)があがる東大寺二月堂修二会

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号