美術、音楽、文化、建築 / 大人の特別な旅行

大人の趣味の赴くままに。日経旅行

資料請求・お問い合わせ
  • 国内旅行 03-5259-2660
  • 海外旅行 03-5259-2666
  • 受付時間 10:00〜17:30(月〜金)

セミナー情報

学ぶよろこび、知るたのしみ

旅行説明会&「カルチャーサロン」

全3回連続(週イチ)講座

【やきもの入門】
はじめての古伊万里

初期伊万里~古九谷~柿右衛門~古伊万里
(協力 公益財団法人 戸栗美術館)

江戸時代初頭に誕生した日本初の国産磁器、伊万里焼。現代に至るまで400年以上の歴史がある中で、江戸時代のものは古伊万里と呼ばれます。白い磁肌に施された色とりどりの絵付けが特徴で、日本国内のみならず、輸出先の西欧でも絶大な人気を誇りました。古伊万里が誕生してから最初の100年は、次々と移り変わる様式が見どころです。白地に青色で絵付けした染付や、カラフルな色遣いの色絵など、時代の流れや当時の人々の美意識を反映しながら新しいスタイルが生み出されていきました。この講義では、古伊万里の歴史を紐解きながら、その魅力や鑑賞のポイントをわかりやすく解説します。

 
日 時
第1回 6月10日(月):伊万里焼の誕生と技術革新 ―初期伊万里から古九谷様式
第2回 6月17日(月):輸出の隆盛 ―柿右衛門様式
第3回 6月24日(月):需要層の拡大 ―古伊万里金襴手様式と染付
全3回 各回ともに午前10時30分開始(約100分)
第1回 6月10日(月):伊万里焼の誕生と技術革新 ―初期伊万里から古九谷様式
第2回 6月17日(月):輸出の隆盛 ―柿右衛門様式
第3回 6月24日(月):需要層の拡大 ―古伊万里金襴手様式と染付
全3回 各回ともに午前10時30分開始(約100分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
参加費
お1人様 12,000円(全3回)※戸栗美術館入館券(1枚)付

お申し込み・お問い合せはこちら

講師:黒沢 愛氏(戸栗美術館学芸員)

全2回連続講座

三国志

その魅力と真相

2019年7月より東京国立博物館「特別展 三国志」が開催されるなど、いま再び注目を浴びている三国志。中国の2~3世紀を描いた三国志が、なぜこれだけわが国で愛されているのか。その魅力を探るとともに、第1回は日本における三国志研究の第一人者、渡邉義浩氏(早稲田大学文学学術院教授、三国志学会事務局長)が2009年に発見された曹操の墓の真実を、第2回は仙石知子氏(早稲田大学講師)が三国志最大の山場・赤壁の戦いの魅力について、最新の研究に基づいてお話しします。三国志にはじめて触れる方にも分かりやすくお話しします。

 
日 時
第1回 7月4日(木)「曹操高陵の真相」講師:渡邉義浩氏
第2回 7月5日(金)「赤壁の戦いの魅力」講師:仙石知子氏

全2回  各回ともに14時開始(約90分)
第1回 7月4日(木)「曹操高陵の真相」講師:渡邉義浩氏
第2回 7月5日(金)「赤壁の戦いの魅力」講師:仙石知子氏

全2回  各回ともに14時開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
参加費
お1人様 8,000円(全2回)

お申し込み・お問い合せはこちら

講師:第1回 渡邉義浩氏(早稲田大学文学学術院教授、三国志学会事務局長)
   第2回 仙石知子氏(早稲田大学講師)

全3回連続(週イチ)講座

はじめての天文学(入門編)
国立天文台特別見学会

国立天文台内藤誠一郎先生による、
星空への誘い

第1・2回は座学で天文学の今と昔を学び、第3回は三鷹市の国立天文台へ行き、施設見学とともにこれからの天文学について知ることができます。

 
日 時
1回目 5月16日(木)現代の天文学
2回目 5月23日(木)天文学の歴史
3回目  5月30日(木)現地見学会 これからの天文学~国立天文台研究施設紹介
1回目 5月16日(木)現代の天文学
2回目 5月23日(木)天文学の歴史
3回目 5月30日(木)
現地見学会

これからの天文学~国立天文台研究施設紹介
場 所
1・2回目 15:00開始(約90分) 日本経済新聞社 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
3回目 14:00開始(約180分)国立天文台・三鷹キャンパス

※調布駅~国立天文台(往復)送迎バス有

見学施設
太陽塔望遠鏡(アインシュタイン塔)、第一赤道儀室、天文台歴史館、4D2Uシアタ-鑑賞など

※案内人付でキャンパス内を歩いて巡ります。登録有形文化財の建物内にはエレベーターは無く、階段利用になります。

参加費
お1人様 14,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

全3回連続(月イチ)講座<各回120分講座>

歌舞伎の見方、楽しみ方
~知っておきたい歌舞伎鑑賞の基礎知識~

【はじめて学ぶ、日本の伝統芸能】

《歌舞伎》の魅力を全3回のテーマに分け、専門講師の解説で、その約束ごとや今日までのあゆみ、鑑賞のポイントをわかりやすくレクチャーいたします。基礎知識を押えるだけで、《歌舞伎》がぐんと身近なものとなります。
歌舞伎の歴史から、見どころの解説、舞台や衣裳まで、歌舞伎を丸ごと楽しめるカルチャーセミナーです。
(協力 松竹株式会社)

 
日 時
第1回 4月11日(木)歌舞伎の「いろは」/多彩な俳優・演目、舞台を彩る衣裳・化粧・かつら
第2回 5月9日(木)歌舞伎のあゆみ ―阿国から「平成中村座」まで
第3回 6月6日(木)白浪物のお楽しみ~幕末の江戸が生んだ「白浪五人男」を中心に~
第1回 4月11日(木)
歌舞伎の「いろは」/多彩な俳優・演目、舞台を彩る衣裳・化粧・かつら
第2回 5月9日(木)
歌舞伎のあゆみ ―阿国から「平成中村座」まで
第3回 6月6日(木)
白浪物のお楽しみ~幕末の江戸が生んだ「白浪五人男」を中心に~
全3回 各回ともに14時開始(約120分)

※各回の終わりに歌舞伎座の「来月の演目・見どころ」をご紹介いたします。
会 場
日本経済新聞 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
参加費
お1人様 12,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

講師: 前川文子(元・松竹株式会社 演劇ライツ室)

ページトップへ

文化、建築、大人 の趣味の赴くままに / 大人の特別な旅行 | 日経カルチャー

Ⓒ Nikkei Culture Inc.