美術、音楽、文化、建築 / 大人の特別な旅行

大人の趣味の赴くままに。日経旅行

資料請求・お問い合わせ
  • 国内旅行 03-5259-2660
  • 海外旅行 03-5259-2666
  • 受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

セミナー情報

学ぶよろこび、知るたのしみ

旅行説明会&「カルチャーサロン」

全3回連続(週イチ)講座

「日本資本主義の父」
渋沢栄一を知る

幕末の農家に生まれ、「尊王攘夷」思想の影響を受ける一方で、一橋慶喜に仕えたことを機に幕臣となり、パリ万国博覧会に随行した渋沢栄一。明治維新後は、民間経済人として、第一国立銀行や日本経済新聞社の前身である「中外物価新報」をはじめとする約500もの企業に関わったといわれています。同時に道徳をもって経営する「道徳経済合一説」を説き続け、約600の教育機関 ・医療機関、社会公共事業にも尽力しました。
この講座では、第1回・第2回に公益財団法人渋沢栄一記念財団・渋沢史料館副館長の桑原功一氏を、第3回は5代目子孫の渋澤健氏を講師に招き、幕末から明治・大正・昭和と生き抜いた渋沢栄一の生涯と功績、その教えに迫ります。

 
日 時
第1回:11月 2日(月)/ 第2回:11月 9日(月)/ 第3回:11月30日(月) 第1回:11月 2日(月)
第2回:11月 9日(月)
第3回:11月30日(月)
全3回 各回ともに14時開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

講師桑原功一氏(第1回・第2回) 渋沢栄一の生涯と功績
公益財団法人渋沢栄一記念財団・渋沢史料館副館長。
足立区立郷土博物館専門員、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)学芸員を経て、2008年より公益財団法人渋沢栄一記念財団渋沢史料館学芸員。近年、渋沢史料館で、企画展「私ヲ去リ、公ニ就クー渋沢栄一と銀行業ー」、企画展「渋沢栄一と王子製紙株式会社~国家社会の為に此の事業を起す~」、収蔵品展「渋沢平九郎―二十歳の決断―」を担当。著作に『渋沢栄一 日本近代の扉を開いた財界リーダー』(宮本又郎編著、共著、PHP研究所、2017年)など。

講師 渋澤健氏(第3回) 玄孫が語る、渋沢栄一の思想と哲学
渋沢栄一翁の5代目子孫。シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役、コモンズ投信株式会社取締役会長。
複数の外資系金融機関でマーケット業務に携わり、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー株式会社を、07年にコモンズ株式会社(現コモンズ投信株式会社)を創業。
02年に経済同友会に入会(今年度、幹事およびアフリカ開発支援戦略PT副委員長、国家ガバナンスPT委員、政策審議委員会委員)、UNDP(国連開発計画)SDG Impact運営委員会委員、東京大学社会連携本部顧問、等。
著書に『渋沢栄一100の訓言』、『SDGs投資』、『渋沢栄一の折れない心をつくる33の教え』、他。

全3回連続(週イチ)講座 <各回120分講座>

古事記研究の第一人者 三浦佑之先生が語る
《日本書紀編纂1300年記念》

『古事記』と『日本書紀』を考える

今年は、『日本書紀』編纂から1300年の節目の年である。
この機会にあまりなじみのない『日本書紀』について考えるとともに、『古事記』と『日本書紀』の内容やその違いについてお話ししたい。

 
日 時
第1回:11月19日(木) 古代国家の成立と歴史書/ 第2回:11月26日(木) 神話に描かれた出雲と歴史にみえる出雲/ 第3回:12月3日(木) 倭建命と日本武尊 — ヤマトタケルノミコト 第1回:11月19日(木) 古代国家の成立と歴史書
第2回:11月26日(木) 神話に描かれた出雲と歴史にみえる出雲
第3回:12月3日(木) 倭建命と日本武尊 — ヤマトタケルノミコト

全3回 各回ともに14時開始(約120分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

※現状満席でも、空席が出る場合がございます。キャンセル待ちにてお申込みください。空席があり次第、ご連絡させていただきます。

満席

第1回:11月19日(木) 古代国家の成立と歴史書
 歴史書はなぜ編まれたのか。律令国家にとって歴史書はなぜ必要であるかということを考えるとともに、最初の正史として編まれた『日本書紀』とはどのような歴史書であるかを考える。
 そして、それとはまったく性格を異にする『古事記』との関係について、わたしなりの見解をお話ししたい。

第2回:11月26日(木) 神話に描かれた出雲と歴史にみえる出雲
『古事記』には出雲を舞台と神話が大きな位置を占めているが、『日本書紀』の神話にはほとんど出雲は出てこない。
 ところが、『日本書紀』の歴史記事のなかには出雲がさまざまなかたちで登場する。
 そこから、国家と地方(出雲)との関係がどのように描かれるのかということを考えてみたい。

第3回:12月3日(木) 倭建命と日本武尊 — ヤマトタケルノミコト
『日本書紀』と『古事記』には共通する伝承がいくつもあるが、その描き方は同じ人物かと思うほどに違っている。
その象徴的な存在であるヤマトタケルを中心に、『古事記』と『日本書紀』の両方に出てくる人物の描き方の違いを取りあげながら、2つの歴史書の違いについて考えてみたい。

講師:三浦佑之(みうらすけゆき)氏
1946年、三重県生まれ。
千葉大学教授・立正大教授を経て現在、千葉大学名誉教授。
2002年に出版した『口語訳古事記 完全版』がベストセラーになるなど、「古事記」に関する著書多数。

全3回連続(週イチ)講座

はじめて学ぶ エジプトの神様

海外旅行ができない今こそ学びたい!

古代エジプトはたくさんの神様たちであふれかえった世界でした。空にも川にも神様がいます。ネコも神様、イヌも神様、サソリもフンコロガシも神様だったのです。ですから、八百万の神を持つ日本人は古代エジプト人の気持ちが分かるのではないでしょうか。
この講座では、ナイル世界に栄えた古代エジプト文明を、神々を通して見ていきます。死者の王であるオシリス神や愛の女神イシス、あるいは山犬の顔をしたアヌビス神やワニの顔をしたソベク神を知ることで偉大なる古代文明の謎に迫れるかもしれません。実際の画像・映像を見ながら、エジプトを旅する気分になるのも良いですよ。

 
日 時
第1回:12月7日(月)古代エジプトの神々と神話/ 第2回:12月14日(月)最初の神々ヘリオポリスの九柱神/ 第3回:12月21日(月)古代エジプトの国家神と多神教世界 第1回:12月7日(月)古代エジプトの神々と神話
第2回:12月14日(月)最初の神々ヘリオポリスの九柱神
第3回:12月21日(月)古代エジプトの国家神と多神教世界

全3回 各回ともに14時開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
最少催行人員
20名
参加費
お1人様 13,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

【講師】大城道則(おおしろみちのり)氏
駒澤大学文学部歴史学科教授。専門は古代エジプト史。エジプトのメイドゥム遺跡で調査を実施中。主な著書に『古代エジプト死者からの声』(河出書房新社)など。

第1回:12月7日(月)古代エジプトの神々と神話
古代エジプト神話の特徴と創造神アトゥムを中心とした古代エジプトの神々を紹介し、古代エジプト人たちの考えた世界観とはどのようなものであったのかを解説します。

第2回:12月14日(月)最初の神々ヘリオポリスの九柱神
世界を創造した神々たち(シュウ、テフヌト、ゲブ、オシリス、イシスなど)の持つ特徴を見ていくことで、古代エジプト人たちの宗教観や精神世界について考えてみます。

第3回:12月21日(月)古代エジプトの国家神と多神教世界
古代エジプト人たちをまとめ上げた神々とはどのような存在であったのかを、太陽神ラー、アムン神、そしてアテン神から読み解きます。

ご参加の方お1人様に1冊進呈!
『ゆるゆる神様図鑑 古代エジプト編』(大城道則 著/ダイヤモンド社) ※講座初回に会場で配布します

全3回連続(週イチ)講座

はじめてふれるお香の世界

1400年を超えて広がる、幽玄深遠な香りの文化

西暦538年、百済の聖明王より日本に仏教が伝えられた時、ともに伝えられた香りは、それまで日本にはなかった濃密なものでした。やがて、仏への供香として用いる沈香や白檀などさまざまな香木は、戦国武将達も魅了し、所有の有無が権威の象徴ともなって、先を争って欲しがるほどでした。家での過ごし方が問われる現代、香りがもたらす癒しや心の清浄化などその効果は様々です。
静謐な空間で「香道」を楽しんでみませんか?

 
日 時
第1回:12月10日(木)お香の基礎 お香の原料について 香道の発展と歴史/ 第2回:12月17日(木)暮らしとお香 お香の種類 香りの文化 文学に見る香道/ 第3回:12月24日(木)お香の実践 香りの鑑賞 香りの器 組香 第1回:12月10日(木)お香の基礎 お香の原料について 香道の発展と歴史
第2回:12月17日(木)暮らしとお香 お香の種類 香りの文化 文学に見る香道
第3回:12月24日(木)お香の実践 香りの鑑賞 香りの器 組香

全3回 各回ともに14時開始(1・2回目約90分 3回目120分)
場 所
第1・2回 日本経済新聞社 東京本社ビル(東京・大手町)
第3回 薬師寺東京別院(東京・五反田 JR五反田駅から徒歩7分)
参加費
お1人様 14,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

薬師寺東京別院での香道体験
全3回の講座の最終日は、実際の聞香を体験します。
それまでの座学では感じえなかった実際の「香り」をお楽しみください。

【講師】香道御家流宗家直門師範
小畑洋子(おばたようこ)先生
香道研究会で御家流香道21世宗家・三條西尭山先生の指導を受ける。尭山、尭雲、尭水の三代の宗家に師事し、財団法人お香の会、銀座香十などで香道講師を務める。日本香道協会会員、公益財団法人お香の会評議員、渋谷書道連盟理事

※和室での聞香体験は60分程です。
※正座に不安のある方(男性は胡座になっていただけます)には、若干数、高座椅子のご用意がございます
※正装の必要はございません。

ページトップへ

文化、建築、大人 の趣味の赴くままに / 大人の特別な旅行 | 日経カルチャー

Ⓒ Nikkei Culture Inc.