美術、音楽、文化、建築 / 大人の特別な旅行

大人の趣味の赴くままに。日経旅行

資料請求・お問い合わせ
  • 国内旅行 03-5259-2660
  • 海外旅行 03-5259-2666
  • 受付時間 10:00〜17:30(月〜金)

セミナー情報

学ぶよろこび、知るたのしみ

旅行説明会&「カルチャーサロン」

全3回 連続(月イチ)講座

はじめてよむ、万葉集

万葉びとに思いを馳せる、恋の歌、四季の歌。

現存する最古の和歌集「万葉集」。
天皇や貴族、兵士や農民など、さまざまな人が詠んだ20巻・約4,500首からなる和歌の数々は、その時代や風土を映しながらも、現代に通じる人を想う気持ちをのびやかに歌い上げた魅力あふれるものです。
この講座では、代表的な歌人(額田王、柿本人麻呂、山部赤人、大伴家持など)が詠んだ歌を取り上げ、
四季折々その季節をうたいこんだ和歌を初心者にもわかりやすく現代語訳で解説します。
失われた都や四季折々の大和の風土、その時代の人々の暮らしや殿上人たちのロマンスなどに思いを馳せてみましょう。

 
日 時
3月22日(金)、4月19日(金)、5月17日(金)

全3回 各回ともに 14時開始(約120分)
3月22日(金)、4月19日(金)、5月17日(金)

全3回 各回ともに 14時開始(約120分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
参加費
お1人様 12,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

講師:
第1・3回 井上さやか 奈良県立万葉文化館 上席研究員
第2回 大谷 歩 奈良県立万葉文化館 主任研究員

全3回連続(月イチ)講座<各回120分講座>

歌舞伎の見方、楽しみ方
~知っておきたい歌舞伎鑑賞の基礎知識~

【はじめて学ぶ、日本の伝統芸能】

《歌舞伎》の魅力を全3回のテーマに分け、専門講師の解説で、その約束ごとや今日までのあゆみ、鑑賞のポイントをわかりやすくレクチャーいたします。基礎知識を押えるだけで、《歌舞伎》がぐんと身近なものとなります。
歌舞伎の歴史から、見どころの解説、舞台や衣裳まで、歌舞伎を丸ごと楽しめるカルチャーセミナーです。
(協力 松竹株式会社)

 
日 時
第1回 4月11日(木)歌舞伎の「いろは」/多彩な俳優・演目、舞台を彩る衣裳・化粧・かつら
第2回 5月9日(木)歌舞伎のあゆみ ―阿国から「平成中村座」まで
第3回 6月6日(木)白浪物のお楽しみ~幕末の江戸が生んだ「白浪五人男」を中心に~
第1回 4月11日(木)
歌舞伎の「いろは」/多彩な俳優・演目、舞台を彩る衣裳・化粧・かつら
第2回 5月9日(木)
歌舞伎のあゆみ ―阿国から「平成中村座」まで
第3回 6月6日(木)
白浪物のお楽しみ~幕末の江戸が生んだ「白浪五人男」を中心に~
全3回 各回ともに14時開始(約100分)

※各回の終わりに歌舞伎座の「来月の演目・見どころ」をご紹介いたします。
会 場
日本経済新聞 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
最少催行
人数
20名様
参加費
お一人様 12,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

全3回連続(週イチ)講座

はじめて学ぶ、戦国の合戦

応仁の乱から大坂の陣まで、およそ150年続いたとされる戦国時代、幾多の合戦が繰り広げられました。
残された史料から、実際の戦国の合戦はどのようなものだったのか、戦国時代の合戦と城郭研究のエキスパートである歴史研究家 小和田泰経先生がわかりやすく解説します。
第1回は戦国合戦の基礎知識と題して、武具(甲冑、兜、刀、鉄砲)の種類と変遷から、勝敗を左右した戦術・陣形、そして戦の前後に行われた縁起かつぎや後始末について、第2回では野戦、第3回では攻城戦に焦点を当てて、代表的な戦いをとりあげてお話しします。

 
日 時
第1回 2月8日(金)戦国合戦の基礎知識
第2回 2月15日(金)野戦:関ヶ原の戦い、山崎の戦い、桶狭間の戦い、川中島の戦い など
第3回 2月22日(金)攻城戦:大坂の陣、小田原城の戦い、月山富田城の戦い、忍城の戦い など

全3回 各回ともに15時開始(約100分)
第1回 2月8日(金)
 戦国合戦の基礎知識
第2回 2月15日(金)
 野戦:関ヶ原の戦い、山崎の戦い、桶狭間の戦い、川中島の戦い など
第3回 2月22日(金)
 攻城戦:大坂の陣、小田原城の戦い、月山富田城の戦い、忍城の戦い など

全3回 各回ともに15時開始(約100分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
参加費
お1人様 12,000円(全3回)

お申し込み・お問い合せはこちら

講師紹介:小和田 泰経(おわだ やすつね)氏
1972年、東京都生まれ。
名前の由来は、戦国武将豊島泰経。
歴史研究家。専門は日本中世史。
戦国時代の合戦と城郭研究のエキスパート。
現在、静岡英和学院大学非常勤講師。
2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」では資料提供として参加した。
主な著書に『天空の城を行く』(平凡社)、『戦国合戦史事典』(新紀元社)、『図解 日本の城・城合戦』(西東社)、
『ずかん 武具』(技術評論社)、『関ヶ原公式本』(学研パブリッシング)などがある。

全3回連続(週イチ)講座

「仏教に親しむ 仏像の見方、楽しみ方」
はじめて学ぶ、仏教美術入門

~奈良の仏像・京都の仏像・鎌倉の仏像~

仏教美術史を専門とする駒澤大学教授・村松哲文氏を講師に迎え、「はじめて学ぶ、仏教美術」をテーマにした全3回の連続セミナーを開催します。
仏像を≪奈良~平安~鎌倉≫と主要な時代に分けて鑑賞することで、仏像の「こころ」と「かたち」を総合的に把握します。
日本に伝来した仏像はどのような造形様式の変遷を見せたのか、仏教美術の視点で≪仏像の見方、楽しみ方≫を学びます。

 
日 時
第1回 2月14日(木)奈良の仏像
第2回 2月21日(木)京都の仏像
第3回 2月28日(木)鎌倉の仏像

全3回 各回ともに15時開始(約90分)
第1回 2月14日(木)奈良の仏像
第2回 2月21日(木)京都の仏像
第3回 2月28日(木)鎌倉の仏像

全3回 各回ともに15時開始(約90分)
場 所
日本経済新聞社 東京本社内(東京・大手町)
「スペースNIO」
参加費
お1人様 12,000円(全3回)

満席

※現在満席でも、空席が出る場合がございます。
参加ご希望の方はお電話(03-5259-2660)にてお問い合わせください。

講師紹介:駒澤大学教授 村松 哲文(むらまつ てつふみ)氏
ユーモアあふれる語り口と親しみやすい講義内容が評判の先生です。
早稲田大学会津八一記念博物館助手を経て、駒澤大学仏教学部教授。
専門は仏教美術史。

ページトップへ

文化、建築、大人 の趣味の赴くままに / 大人の特別な旅行 | 日経カルチャー

Ⓒ Nikkei Culture Inc.