美術、音楽、文化、建築 / 大人の特別な旅行

大人の趣味の赴くままに。日経旅行

資料請求・お問い合わせ
  • 国内旅行 03-5259-2660
  • 海外旅行 03-5259-2666
  • 受付時間 9:30〜17:00(月〜金)

講師同行 × 一都市連泊 フィレンツェ古都逍遥の旅7

ゆったり滞在するからこそ見えてくるその街の本当の姿。
ありきたりの観光ではなく、”天井の無い美術館”を現地在住の専門家とともにめぐります。
学びながら、そして暮らすように旅する、価値ある旅をお届けいたします。

フィレンツェ在住 日本人美術講師がご案内

和田 咲子氏
同行講師紹介 和田 咲子氏

東京外国語大学外国語学部イタリア語学科卒業後、東京外国語大学博士課程や千葉大学博士課程文学部で学びボローニャ国立大学美術史学部、フィレンツェ国立大学建築学部留学。美術館学芸員を勤めると共に、2007年〜2009年はイタリア国立ピサ大学美術史学部客員研究員となる。専門はイタリア美術史、メディチ家のコレクション史、ヨーロッパ庭園史で、現在はフィレンツェに在住し、学術調査や見本市などの通訳、美術展カタログなどの翻訳なども手がける。毎回幅広い知識と分かりやすいお話が好評。

お客様の声

  • 全体的にゆったりして、濃い内容のツアーでした。和田さんは私の初歩的な質問にも、私が理解できる範囲で丁寧に説明してくださり、納得することができました。

    (2019年11月ご参加・60代女性)

  • 一度1か所ステイの旅を経験しますと、移動の多いツアー行程には身体がキツいのが本音です。ヨーロッパの古都滞在、いいですね。和田さんからたくさんの知識を与えていただき"生涯学習"を再認識いたしました。

    (2019年11月ご参加・70代女性)

  • 添乗員さんはとても丁寧な対応で、食事や買い物にも付き合ってくださり、感謝しています。和田さんの絵画の説明も詳しくとても面白かったです。

    (2019年6月ご参加・70代女性)

もう一歩踏み込んだ、見どころ

ご案内例

※観光の内容は一例です。美術館等の開館・閉館時間や休館の場合などにより、ご入場箇所は変更となる場合があります。
 また美術展への出品等により記載の絵画はご覧いただけない場合があります。

2日目(一例)

まずは”フィレンツェの象徴”ドゥオモへ。
外観だけを見て通り過ぎてしまうツアーとは違って、内部やその付属建物の中にもご案内。
とても興味深くご覧いただけます。

サンタマリアデルフィオーレ大聖堂(外観)
大聖堂(外観)

石積み建築のドームとしては世界最大。

サンタマリアデルフィオーレ大聖堂

ツアーでは共通入場券をご用意していますので、絶景を見渡すクーポラに上ってみたというお客様がいらっしゃれば、フリータイム時のご予約をここでお取りしたりもします。ブルネレスキが眠るクリプタ(地下聖堂)もお勧め。

サンジョヴァンニ洗礼堂
サンジョヴァンニ洗礼堂

聖ジョバンニの生涯や旧約聖書の場面を描いたビザンチン風のモザイク画も見事。

付属美術館
付属美術館

本物の「天国の扉」やミケランジェロの「ピエタ」は必見

『ヴィーナス誕生』(ボッティチェッリ作)
ウフィッツィ美術館

世界屈指の人気を誇るルネッサンスの殿堂。
一度訪れたことのある方でも、
専門家“和田解説”でご覧いただくと、
また新鮮な発見があるかもしれません。

『ヴィーナス誕生』(ボッティチェッリ作)

写真提供:イタリア政府観光局(E.N.I.T.)

幸運の子豚
3日目(一例)

この日はアルノ川の西側を重点的にめぐりましょう。
かつてのトスカーナ大公の宮殿「ピッティ宮殿」は、圧倒的なメディチのコレクションを誇る美術館や博物館となっています。

ピッティ宮殿とボーボリ庭園
ピッティ宮殿とボーボリ庭園

お天気が良ければ、ボーボリ庭園の散歩もお勧めです。

パラティーナ美術館
パラティーナ美術館

ラッファエロ至高の作品が人気を集めているほか、建物の豪華な内装も見どころ。

午後は思い思いにフリータイム。
あまり前後に予定を詰め込まず、ご体調、お天気、お客様のご興味
それぞれに合わせてお過ごしいただけると好評です。
4日目(一例)

フィレンツェ滞在の半ば。
ルネッサンスの芸術家達を支えた、華やかなりしメディチ一族に迫るべく、代々の菩提寺を訪れてみます。

サン・ロレンツォ聖堂
サン・ロレンツォ聖堂
メディチ家礼拝堂

メディチ家礼拝堂

大理石や半貴石が使われたフィレンツェモザイクが美しい。その奥の新聖具室も必見。

ラウンレンティーナ図書館

ラウンレンティーナ図書館

玄関から続く美しい階段、書見台や椅子に至るまで、ミケランジェロの世界観が溢れている。

ヴェッキオ宮殿

人々で賑わうシニョーリア広場を見下ろす、高さ97mの鐘楼「アルノルフォの塔」が目印。現在も建物の一部が市庁舎として使われていますが、芸術的に価値ある多くの部屋が開放されています。

ヴェッキオ宮殿

ヴァザーリが手掛けた天井画が見事な
「五百人広間」

バルジェッロ美術館

絵画や建築ばかりでなく、表情豊かな彫像たちも見に行きましょう。お客様のご要望にお応えし、2019年度のツアーからご案内いたしております。

バルジェッロ美術館

若きミケランジェロの傑作「バッカス」をはじめドナテッロ、ヴェロッキオなどの彫刻作品が圧巻。

5日目(一例)

2~4日目のツアーの流れやご体調を考慮しながら、
その時々の旬な見どころや
小さな美術館などにも
足を運んでみましょう。

サンマルコ修道院
サンマルコ修道院

中世の修道院の面影が残る小さな美術館フラ・アンジェリコの「受胎告知」やドメニコ・ギルランダイオの「最後の晩餐」で知られています。

アカデミア美術館
アカデミア美術館

16世紀に設立されたフィレンツェ美術学校の美術館で、ミケランジェロ作の「ダヴィデ像」があまりにも有名。

サンタマリアノヴェッラ教会

フィレンツェ中央駅前、重厚なファサードと華麗なフレスコ画で彩られた内部が見どころ。ドメニコ・ギルランダイオの「聖母マリアの生涯」が描かれた主祭壇、マザッチョの代表作ともいえる「三位一体」など、多くの芸術作品に酔いしれます。

  • スペイン人大礼拝堂

    ドメニコ派の修道士などが生き生きと描かれた「スペイン人大礼拝堂」

  • キリストの磔刑

    ジョット作、木製の十字架「キリストの磔刑」

薬局

薬局
現存する世界最古の薬局。当時の修道士たちが薬草を栽培し、手作りで薬を作った伝統的製法が受け継がれ、今や世界的のセレブを魅了するコスメ・ブランドとして知られている。

立地抜群のホテル(一例)

ホテルは街の中心に位置しています。お疲れのときはすぐに戻ってご休憩、一旦ショッピングのお荷物をお部屋に置いてからご夕食へ、など、ご滞在中は便利で快適にお過ごしいただけます。

デリ・オラフィ

朝食レストラン一例
客室一例 アメニティ
近隣マップ

ヴェッキオ橋のほど近く、アルノ川沿いの閑静なエリアに佇む洗練されたホテル。歴史ある建物が改築され、眺めの美しいバーやダイニングを備え、wi-fiなどの施設も充実しています。

※上記または他の同等クラスのホテルとなります。詳しくは最終日程表にてご確認ください。

地元気分で楽しむお食事(一例)

※料理写真はすべてイメージです。

地元で人気のピッツェリアやリストランテでイタリア料理をご堪能。予めの団体予約で時間やメニューに制限のあるツアーとは違い、少人数のツアーですので臨機応変なご対応が可能です。
また観光の途中で、ふと気になったカフェでくつろいだり、市場をのぞいて旬の食材を見つけたり・・・。まるでフィレンツェに暮らしているかのような気分をお楽しみください。

  • 秋のポルチーニ料理

    秋のポルチーニ料理

  • トスカーナの冬の定番「リポリータ」

    トスカーナの冬の定番
    「リポリータ」

  • ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(一例)

    ビステッカ・アッラ・フィオレン
    ティーナ(一例)

中央市場のフードコート

洗練されたショップや、エノテカが集まる中央市場のお店をはしごして、少しずつ色々なメニューを食べてみるのも楽しい!

  • 新鮮な野菜や珍しい素材

    新鮮な野菜や珍しい素材に興味津々。

  • ジェラード

    観光の合間に「ジェラード」で休憩は、いかがでしょう。色とりどりの「ジェラード」に目移りしてしまいます。

  • パニーニ

    たまには野菜の「パニーニ」でカジュアルランチも素敵です

  • ブラータ

    賞味期限が激短のため、現地での味わうのがいちばん美味しい「ブラータ」に黒トリュフを添えて!

紙面一例

その後ご参加いただいたお客様からのご要望を
もとに続編「2度目のフィレンツェ7日間」も
催行いたしました。
和田先生と感動の再会、そして1度目の
ツアーでの学びを生かしてそれらと繋がりの
深い作品を掘り下げてご案内したり、
或いは新たなテーマを持って美術館や協会を訪れたりと、
深く深く旅を楽しんでいただきました。

おすすめツアー

ページトップへ

文化、建築、大人 の趣味の赴くままに / 大人の特別な旅行 | 日経カルチャー

Ⓒ Nikkei Culture Inc.