国内旅行

旅行コード
9390

琵琶湖に映る中秋の名月と白洲正子の愛した「十一面観音巡礼」

湖上名月観賞クルーズと琵琶湖八珍絶品メニューを味わう

出発月
9月
主な方面
滋賀
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

北ビワコホテルグラツィエ(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
6名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2018年9月23日(日)〜2018年9月24日(月)
  • 催行確定間近
129,000円
仮予約・資料請求
1~2名様1室 ※お1人様参加同代金

びわ湖ヒストリカルマイスター 大沼芳幸先生が近江の歴史と文化、食、そして白洲正子が愛した十一面観音をわかりやすくナビゲート!

 

随筆家・白洲正子の愛した地へ。紀行文集「かくれ里」に登場する古寺を巡り、美しき「十一面観音像」に対面。また夜は「琵琶湖クルーズ」を楽しみ、中秋の名月を竹生島から観賞します。竹生島では、ヨシ笛の演奏と、琵琶湖を舞台に水の神々が繰り広げる物語「湖水曼荼羅2018:十一面観音巡礼」を上演します。長年に渡り近江文化の調査研究に携わってきた元滋賀県立安土城考古博物館副館長・大沼芳幸氏の2日間に渡る同行解説により、白洲正子の名作「十一面観音巡礼」の世界を追体験します。※気象条件によって月を観賞できない場合もございます。

 

当ツアーご参加の方お1人様に1冊進呈!

『白洲正子と歩く琵琶湖』著者:大沼芳幸 海青社

琵琶湖に映る中秋の名月と白洲正子の愛した「十一面観音巡礼」

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号