国内旅行

旅行コード
9115

国指定重要無形民俗文化財
長良川鵜飼と小瀬鵜飼
鵜匠のお話と天然鮎づくし

今に受け継がれる“信長公のおもてなし”を体験

長良川 鵜飼/イメージ

長良川 鵜飼/イメージ

出発月
6月
主な方面
岐阜
旅行日数
3日間
宿泊ホテル

長良川温泉・十八楼(和室)

ホテルルートイン関(洋室)

食事条件
朝2回・昼3回・夕2回
利用予定航空会社
6名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2018年6月29日(金)〜2018年7月1日(日)
  • 催行確定間近
165,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し

織田信長公のおひざもと、戦国城下町、岐阜。この地で信長は『もてなしの達人』と言われるほど、招いた客人たちをもてなし、魅了させたそうです。その大きな一つがこの地が誇る「鵜飼」です。信長が手厚く保護した鵜飼を現在宮内庁式部職に所属する鵜匠2か所「長良川」と「小瀬」で体験します。鵜匠からそれぞれの魅力と違いをお話いただき、歴史と伝統の技を間近に堪能し、この地ならではの天然鮎もたっぷり味わいます。

国指定重要無形民俗文化財長良川鵜飼と小瀬鵜飼鵜匠のお話と天然鮎づくし

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号