国内旅行

旅行コード
5167

日本三大競技花火大会!
第66回伊勢神宮奉納 全国花火大会

桑名『丁子屋』で堪能する蛤づくしに舌鼓

伊勢神宮奉納全国花火大会/イメージ

伊勢神宮奉納全国花火大会/イメージ

出発月
7月
主な方面
三重
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

津都ホテル(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
8名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2018年7月14日(土)〜2018年7月15日(日)
126,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様はシングルルームで同料金となります。

伊勢神宮奉納全国花火大会

日本三大競技花火大会。全国で神宮といえば、伊勢神宮を指します。神宮に花火を奉納する唯一無二の大会として、昭和28年に斎行された第59回神宮式年遷宮を記念してはじめられました。全国各地から選抜された花火師たちが神宮に奉納し、日頃の研鑽の成果を神都伊勢の夜空に放揚する「競技花火大会」です。また、花火師たちがその年の安全を祈願する場ともなっています。

 

丁子屋

創業170年余年。『その手は桑名の焼きはまぐり』の文句でも知られる三重県桑名市の特産「はまぐり」。桑名のはまぐりは全国でも珍しくなった日本古来の「ハマグリ」種。滑らかな舌触りとやわらかくジューシーな味わいは絶品で、「焼き蛤」は弥次さん、喜多さんでおなじみの「東海道中膝栗毛」でも紹介され、三重県の特産品として全国にその名が知られています。

日本三大競技花火大会!第66回伊勢神宮奉納 全国花火大会

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号