海外旅行

旅行コード
378

芸術の宝庫パリを拠点に芸術巡り
パリ街散歩 7日間

国内線を往復2万円でご利用可能

エッフェル塔とセーヌ川/イメージ

エッフェル塔とセーヌ川/イメージ

出発月
9月
主な方面
フランス
旅行日数
7日間
宿泊ホテル

【パリ】スクリーブ又は同等クラス

食事条件
朝食5回、昼食2回、夕食4回及び機内食
利用予定航空会社
エアフランス・日本航空・全日空
最少催行人員
6名
添乗員
同行します
旅行予約
03-5259-2666 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2018年9月18日(火)〜2018年9月24日(月)
1,320,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/おひとり様 (ビジネスクラス利用)

【羽田空港までの国内航空機のご手配はご相談ください】

■1人部屋使用追加代金:210,000円

◆燃油サーチャージ(21,600円)・国内外の空港諸税(24,200円)は旅行代金には含まれておりません。確定金額はご出発前に別途ご請求申し上げます。

※表記の金額は3月14日現在の目安金額です。なお、今後変更される場合があります。

◆当コースはご入国時で「3ヶ月+滞在期間」以上の残存有効期間があるパスポートをご用意下さい。

◆各地の美術館の絵画は予告なく展示の中止や貸出等の理由によりご覧頂けない場合がございます。

◆訪問する美術館の順番は、現地混雑状況などの現地事情により、変更する可能性がございます。

フランスが誇る美術・芸術を堪能 

モナリザをはじめその時代を彩った名画たち

 

<パリ珠玉の美術館を巡る>

ルーブル美術館
有名な「ミロのビーナス」、ダ・ヴィンチの「モナリザ」をはじめ、ドラクロアの「民衆を導く自由の女神」など、美の巡礼をお楽しみください。

 

オルセー美術館

美しい館内に、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャンをはじめとする、近代美術の作品が一堂に集められています。

 

ギュスターブ・モロー美術館

フランスのパリにある美術館。画家ギュスターヴ・モローが1852年から暮らした邸宅が美術館として公開されています。

 

オランジュリー美術館

もともとナポレオン3世が造らせたオレンジ色の温室でした。モネ、ルノワール、ピカソ、セザンヌといった作品を所蔵しています。

 

ドラクロワ記念館

1857年から63年まで最期の6年間を過ごした住居とアトリエを見学することができ、ドラクロワの晩年の様子をうかがうことができます。

 

ロダン美術館

『考える人』『地獄の門』『バルザック』といった傑作を所蔵。その他、ロダンが所有していたゴッホやルノワールの油絵も鑑賞できます。

 

パリ市内36ヶ所、郊外20ヶ所の美術館、博物館、建造物で利用可能なミュージアムパス

4日間、自由に出入場できるフリーパス券を手配。5日目、自由行動時にもご利用可能です。

〈上記以外の主な入場可能施設〉、ピカソ美術館、ポンピドゥー・センター/国立近代美術館、クリュニー中世美術館、ニシム・ド・カモンド美術館、凱旋門、ノートルダム寺院の塔、ノートルダム寺院のクリプト、パンテオン、コンシェルジュリー、軍事博物館/ナポレオンの墓、ヴェルサイユ宮殿とトリアノン、サント・シャペル教会、贖罪教会

 

フランス国家公認通訳ガイド同行

〈同行講師紹介〉寺尾 由美 氏

青山学院大学仏文科卒業。雑誌編集を経て、パリ留学。ルーブル美術館併設の美術史専門大学エコール・ド・ルーブル卒業後、パリ・ソルボンヌ大学で美術史を専攻。フランス政府公認ガイド。専門はヨーロッパ絵画。フランス語通訳・翻訳者。パリ在住。

 

日本語ガイドと共にオペラ座見学

2000人の観客を収容できる広い劇場内部は、皇帝の色である赤と金をメインに装飾されており、非常に豪華な作りになっています。ミュージカルにもなった小説『オペラ座の怪人』の舞台として有名です。

 

ご宿泊はパリ市内のデラックスホテルに5連泊

スクリーブ(ホテル一例)ご宿泊は、パリの中心地に5連泊。散策にも便利な好立地のデラックスクラスホテルを手配致します。

芸術の宝庫パリを拠点に芸術巡りパリ街散歩 7日間

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号