国内旅行

旅行コード
9714

古事記を旅する国譲り神話の地 出雲

古事記研究の第一人者 三浦佑之先生 同行解説の旅

稲佐の浜/イメージ

稲佐の浜/イメージ

出発月
7月
主な方面
島根
旅行日数
3日間
宿泊ホテル

松江しんじ湖温泉 ホテル一畑(洋室)

出雲ひのみさきの宿ふじ(和室・ベッド・展望風呂付)

食事条件
朝2回・昼3回・夕2回
最少催行人員
12名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2018年7月14日(土)〜2018年7月16日(月)
  • 催行確定
  • 満席
169,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し ※ 1名様は1泊目シングルルーム になります。
発着地
米子空港集合/出雲空港解散
日程
旅行代金
2018年7月14日(土)〜2018年7月16日(月)
  • 催行確定
129,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し ※ 1名様は1泊目シングルルーム になります。

講師紹介 三浦 佑之(みうら すけゆき)氏
1946年、三重県生まれ。千葉大学教授・立正大教授を経て現在、千葉大学名誉教授。2002年に出版した『口語訳古事記 完全版』がベストセラーになるなど、「古事記」に関する著書多数。

 

当ツアーご参加の方お1人様に1冊進呈!
『口語訳 古事記―神代篇』文春文庫 著者:三浦 佑之

 

稲佐の浜
出雲大社の西方1kmにある海岸で、国譲り、国引きの神話の舞台として知られる。

 

高天の原を追放されたスサノヲが地上に下りてくる場面から始まり、オホクニヌシが「葦原の中つ国」の王になり、その国をアマテラスの子孫に譲り渡してしまうという「国譲り」の物語。これらの「出雲神話」は『古事記』の神がみの物語のじつに3割から4割を占める一方で『日本書紀』では語られません。このツアーは、古事記研究の第一人者・三浦佑之先生同行解説で神話の地へと旅することで、そこに隠された謎に迫るとともに、「日本誕生」以前の原風景に思いを馳せてみましょう。

 

古代出雲歴史博物館
出雲大社創建の謎にかかわる高層神殿復元模型などを展示。

 

出雲ひのみさきの宿ふじ
古代出雲の息吹を残す出雲・日御碕の岬に佇む一軒宿。全客室、オーシャンビュー・展望風呂付。露天風呂も日御碕を望む絶景。

 

猪目洞窟
『出雲国風土記』に「黄泉の坂・黄泉の穴」と記され、近づく夢を見るだけで死んでしまうという言い伝えがある。

 

加賀の潜戸
神話が伝わる海の大洞窟「新潜戸(神潜戸)」、賽の河原がある「旧潜戸(仏潜戸)」を遊覧船で巡る。

 

荒神谷遺跡
銅剣358本など弥生時代の青銅器380点が出土。

古事記を旅する国譲り神話の地 出雲

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号