国内旅行

旅行コード
5152

下鴨神社指定観覧席『葵祭・路頭の儀』
創建1250年『春日大社夜間貸切拝観』

宮中でつなぐ京都と奈良の世界遺産「 祭と貸切鑑賞」

料亭 菊水楼/イメージ

料亭 菊水楼/イメージ

出発月
5月
主な方面
奈良
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

ホテル日航奈良(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
12名
その他

利用バス会社:大和ジェット観光バス又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2018年5月15日(火)〜2018年5月16日(水)
139,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合5,000円増し※お1人様はダブルルームとなります。※往復グリーン車希望の方は10,000円増しにてご案内。

葵祭<下鴨神社指定観覧席から見学>
下鴨神社と上賀茂神社の例祭。祭儀は、宮中の儀、路頭の儀、社頭の儀の三つからなるが、現在宮中の儀は省かれ、路頭の儀と社頭の儀だけがおこなわれている。路頭の儀(行列)では、勅使をはじめ検非違使、内蔵使、山城使、牛車、風流傘、斎王代など、平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発。総勢500名余の風雅な行列を指定観覧席にてご鑑賞いただきます。

 

日経カルチャー夜間貸切「春日大社夜間特別拝観」
閉門後、暗闇の中の御本殿回廊内および参道を神職の案内により特別に拝観いただけます。また神様が御鎮まりの御本殿にも参拝いただきます。

 

春日大社国宝殿を主任学芸員
松村 和歌子氏による解説
春日大社国宝殿主任学芸員 松村和歌子氏。2017年3月まで国宝殿主任学芸員として宝物殿の改修に従事し、東京国立博物館「春日大社 千年の至宝」の企画運営に携わる。共同執筆の著書として『秘儀開封春日大社』(角川書店)、『日本の古社・春日大社』(淡交社)等のほか、春日大社関係の図録や論文を多数執筆している。

 

緑が輝く松花堂庭園をバックに響き渡る「弦楽ミニコンサート」貸切鑑賞
緑美しい松花堂庭園(屋内)にて、日経カルチャーのお客様貸切で「弦楽ミニコンサート」をご鑑賞いただきます。さらに館長または副館長による新緑の庭園と美術館をご案内し、本格的茶席体験をお楽しみください。

 

凛とした古都奈良の夜空に響く“雅楽”をご鑑賞
雅楽は現代日本で継承されている伝統芸能のなかでも最も古い歴史を持つ芸能です。古都・奈良を拠点に活動する『奈良雅楽アンサンブル』のメンバーによる、〝雅楽についてのお話と演奏〞をお愉しみいただきます。

下鴨神社指定観覧席『葵祭・路頭の儀』創建1250年『春日大社夜間貸切拝観』

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号