国内旅行

旅行コード
3407

世界遺産 日立風流物と日立さくらまつり
東日本を代表する装飾古墳 虎塚古墳

このツアーでは、茨城県が誇る伝統文化と古墳をそれぞれの専門家の同行で巡ります。

那珂湊反射炉跡/イメージ

那珂湊反射炉跡/イメージ

出発月
4月
主な方面
茨城
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

ホテルテラス ザ・スクエア日立(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:たびっとバス又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
上野駅集合/東京駅解散
日程
旅行代金
2018年4月7日(土)〜2018年4月8日(日)
  • 催行確定間近
93,000円
仮予約・資料請求
1〜2名様1室 ※お1人様はシングルルームとなります。

日立風流物
「日立風流物」とは、高さ15m・幅8m・重さ5tの豪壮な山車で、その上の5層の屋根が開き、5段の舞台であやつり人形が演じられるものです。江戸時代中期頃から伝わったと言われており、2009年と2016年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。7年に一度行われる神峰神社の大祭にて奉納されてきたもので、今年は「日立さくらまつり」にて、桜が咲き並ぶ平和通りで公開されます。

 

虎塚古墳
東日本を代表する彩色壁画で有名な「虎塚古墳」は、古墳時代後期の7世紀初頭に築造された墳丘全長56.5mの前方後円墳です。後円部の横穴式石室からのベンガラ(酸化鉄)で描かれた彩色壁画が発見されて話題になりました。普段は厳重に保管されている石室内の壁画を、実際に見ることができる春季一般公開が開催されます。

 

ひたちなか市 埋蔵文化財調査センター 乳飲み児を抱く埴輪
大平古墳群最大の前方後円墳から出土。乳児を両手で抱きかかえる造形で、全国的に珍しいものです。

 

十五郎穴
古墳時代末期から奈良時代に築かれた集団墓で、総数で300基を超える東日本最大級の横穴墓群と考えられています。横穴墓からは様々なものが出土しており、平成23年には正倉院所蔵の刀子に類似の「帯執金具のある刀子」が発見されました。

 

大串貝塚
縄文時代前期に形成され、文献に記された貝塚としては世界で最も古いと常陸国風土記に書かれています。貝塚にまつわる巨人伝説があり、高さ15メートルのダイダラボウ像は体内の階段を上って眺望を楽しむことができます。

 

1日目同行講師
清水 博之(しみず ひろゆき)氏
日立郷土芸能保存会 専務理事。茨城キリスト教大学講師。日立市郷土博物館、元学芸員。

 

2日目同行講師
鴨志田 篤二(かもしだ とくじ)氏
ひたちなか市埋蔵文化財調査センター元所長。著書に『虎塚古墳―関東の彩色壁画古墳』(同成社)などがある。

世界遺産 日立風流物と日立さくらまつり東日本を代表する装飾古墳 虎塚古墳

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号