国内旅行

旅行コード
9133

天才モーツァルト最後のオペラ 『魔笛』鑑賞
オペラ歌手 竹本節子さんと 指揮者 大浦智弘さん
オペラの見方・楽しみ方

1898年製スタインウェイピアノが奏でるモーツァルトの名曲
フレンチの名店「シェ松尾 青山サロン」昼餐会
【S席で鑑賞】日本語字幕付き

オペラ 『魔笛』/イメージ

オペラ 『魔笛』/イメージ

出発月
4月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:関越バス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
青山・シェ松尾青山サロ集合/終了後解散
日程
旅行代金
2018年4月7日(土)
  • 催行確定間近
59,000円
仮予約・資料請求

ドイツ・ベルリンより、新演出で甦るモーツァルト最後のオペラが日本初上陸!

 

読売テレビ開局60年記念 竹中工務店presents 
ベルリン・コーミッシェ・オーパー オペラ「魔笛」
世界が熱狂!モーツァルトが描きたかった「魔笛」の世界がここに!!
ヨーロッパで人気が高い演出家のバリー・コスキー氏が手掛ける新演出オペラ。映像を中心に構成されており、オペラの演出の中でも非常にわかりやすい舞台となっている。映像は、世界的に有名な映像クリエイター集団「1927」が手掛ける。2012年初演以来ドイツ国内をはじめ、ヨーロッパ内の公演で完売が続き、ヨーロッパだけでなく、アメリカ・アジアでも公演を開催し完売を続けている。

 

総監督 / 首席演出家 バリー・コスキー
演出家 スザン・アンドレイド
指揮者 ガブリエル・フェルツ / ジョーダン・デ・スーザ

 

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト最後のオペラにして最高傑作 オペラ『魔笛』
1791年12月にモーツァルトが亡くなる直前、生涯最後に作ったオペラ魔笛。「なんと美しい絵姿」、「あぁ、恐れなくてもよいのです、若者よ」、「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え(夜の女王のアリア)」、「パパパの二重唱」など、誰でも聞いたことがあるような、これぞオペラといわれる有名な歌が多数出てくるのもこの作品の特徴です。冒険物語のうえ、コミカルなシーンも多数あるなど、オペラでは珍しい作品ではあるが、非常に人気があり、日本でのオペラ公演の回数では常に上位に入っています。

 

 

オペラ「魔笛」鑑賞前の事前レクチャーとピアノ演奏
馥郁たる歌唱で聴衆を魅了する魅惑のメゾソプラノ
竹本 節子 氏
大阪音楽大学客員教授。新国立劇場などのオペラではメゾソプラノの主要な役を好演。宗教曲、ベートーヴェン、マーラー等の交響曲のソリストとして日本を代表するメゾソプラノ。

 

大浦 智弘 氏
東京学芸大学教育学部を卒業、同大学大学院を修了。ピアノを斎藤信子、須田昌宏、作曲を小林康浩、吉崎清富、指揮を松岡究、山本訓久、小林研一郎、スコア・リーディングとオペラ・コーチングを田島亘祥の各氏に師事。オペラ公演やコンサートを指揮、オペラ団体や管弦楽団、合唱団等において副指揮者や合唱指揮者、コレペティトールを務める。

 

シェ松尾青山サロン スタインウェイアートピアノ
世界で1台だけの 特別なスタインウェイ・アートピアノ。1898年にスタインウェイ(ニューヨーク)が90,000台目の製造を記念し、銀行家グールド氏のために特別に製作したものです。ラフマニノフ、ルビンシュタイン、ホロヴィッツなど、著名な音楽家がこのピアノを弾き人々を魅了しました。

天才モーツァルト最後のオペラ 『魔笛』鑑賞オペラ歌手 竹本節子さんと 指揮者 大浦智弘さんオペラの見方・楽しみ方

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号