国内旅行

旅行コード
9268

《桜の演奏会と語り「道成寺」》
浅草寺伝法院特別公開と
地上100mから墨堤の桜を望むレストラン

桜咲く清澄庭園を舞台に箏と津軽三味線の調べ
千年の時を経て安珍清姫を偲ぶ

かたりと/イメージ

かたりと/イメージ

出発月
4月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
15名
その他

利用バス会社:関越バス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅前
日程
旅行代金
2018年4月5日(木)
  • 催行確定
25,000円
仮予約・資料請求

道成寺~安珍清姫伝説~
紀州最古の寺、道成寺が舞台の安珍清姫の物語。928年に起きた出来事として寺の歴史にも記録され、2018年で1090年を迎えます。
古来より能楽や歌舞伎の題材となり、「道成寺物」と呼ばれる演目はその数、優に100を超えます。男への執念から蛇体に変じ、道成寺の鐘に巻きついて、鐘ごと溶かし尽くしてしまった娘の耽美な世界が、花爛漫満開の桜を背景に華やかに演じられています。桜咲く清澄庭園の池にせり出して建つ数寄屋造の「涼亭」を貸し切り、〈和楽と語りの芸人衆かたりと〉の箏による桜にちなんだ春の音曲、津軽三味線曲弾き、そして語り「道成寺」で華やかな桜の宴を堪能ください。

《桜の演奏会と語り「道成寺」》浅草寺伝法院特別公開と地上100mから墨堤の桜を望むレストラン

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号