国内旅行

旅行コード
5259

世界遺産で愉しむ 雅な京の春 特別席で観る
『上賀茂神社 賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)』と
日経旅行だけの貸切鑑賞『下鴨神社 十二単衣の王朝舞』

ミシュラン二つ星の老舗料亭「萬亀楼」で鑑賞する御所ゆかりの雅な式庖丁

元離宮二条城 ライトアップ/イメージ

元離宮二条城 ライトアップ/イメージ

出発月
2018年4月
主な方面
京都
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

京都東急ホテル(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2018年4月7日(土)〜2018年4月8日(日)
188,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合20,000円増し

世界遺産・上賀茂神社「賀茂曲水宴」
寿永元年(1182)に、神主重保が行ったことに起源をもつもので、当日は斎王代陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、冷泉家時雨亭文庫の方々によって披講されます。この雅やかな京の春の行事を特別観覧席でゆっくりとご鑑賞いただきます。境内の桜と共に心ゆくまでお愉しみ下さい。

 

日経旅行だけの貸切「十二単衣の王朝舞」特別鑑賞
葵祭で現在でも使われている「十二単衣」の着付けを行う過程を解説付きで鑑賞後、古式ゆかしい王朝の舞をご披露いただきます。その後、平安時代からの天皇陛下の御座所「開けずの間」と「玉座」を、通常非公開のところ特別に拝観いたします。

 

上賀茂の梅辻家住宅
代々上賀茂神社に仕えた神主筋の「賀茂七家」の一つ。住宅は伝統的な賀茂の社家スタイルの建物に京都御所内にあった学問所を座敷として移築された形です。今回特別にご当主のお話と呈茶でおもてなしいただきます。

 

老舗料亭「萬亀楼」の京料理と式庖丁
西陣の一角に佇む、創業享保7年(1722)の老舗料亭。京都御所ゆかりの「生間流式庖丁」を日経旅行のお客様だけで特別に披露いただき、ミシュラン二つ星の京料理とともに雅なひとときをお愉しみ下さい。

世界遺産で愉しむ 雅な京の春 特別席で観る『上賀茂神社 賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)』と日経旅行だけの貸切鑑賞『下鴨神社 十二単衣の王朝舞』

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号