国内旅行

旅行コード
2034

秋田の奇祭「なまはげ柴灯まつり」と
幻想的な上桧木内「紙風船上げ」

冬から春へ

なまはげ柴灯まつり/イメージ

なまはげ柴灯まつり/イメージ

出発月
2月
主な方面
秋田
旅行日数
3日間
宿泊ホテル

田沢湖高原温泉郷 ハイランドホテル山荘(和室)

戸賀温泉 海と入陽の宿 帝水(和室)

食事条件
朝2回・昼3回・夕2回
最少催行人員
6名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2018年2月10日(土)〜2018年2月12日(月)
140,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し

上桧木内 紙風船上げ
江戸時代に平賀源内によって熱気球の原理を応用した遊びとして伝えられたといわれる、100年以上の歴史をもつ伝統行事です。武者絵や美人画などが描かれ、灯火をつけた巨大紙風船がきらめく星々のごとく真冬の夜空に舞い上がります。紙風船にお願い事書きや、打ち上げにも参加できます。

 

なまはげ柴灯まつり
みちのく五大雪まつりのひとつ「なまはげ柴灯(せど)まつり」は、秋田県男鹿市北浦の真山神社で行なわれる男鹿の冬を代表する冬祭りとして昭和39年に始まりました。この祭りは神事「柴灯祭」と民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事です。真山神社境内に焚き上げられた柴灯火のもとで繰り広げられる勇壮で迫力あるナマハゲの乱舞は見る人を魅了します。

秋田の奇祭「なまはげ柴灯まつり」と幻想的な上桧木内「紙風船上げ」

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号