国内旅行

旅行コード
5917

日本酒の起源を辿る旅
日本清酒発祥の地 奈良

NPO法人奈良まほろばソムリエの会 専務理事 鉄田憲男氏同行

日本酒/イメージ

日本酒/イメージ

出発月
1・3月
主な方面
奈良
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

1/7発 ホテル日航奈良
(洋室・お1人様はシングルルームになります)

3/24発 ピアッツァホテル奈良
(洋室・お1人様はダブルルームになります)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:大和ジェット観光バス又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2018年1月7日(日)〜2018年1月8日(月)
120,000円
仮予約・資料請求
1〜2名様1室 ※お1人様参加も同代金(1名様利用はシングルルームとなります)
2018年3月24日(土)〜2018年3月25日(日)
139,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合5,000円増し

古来より「奈良流は酒造り諸流の根源なり」と言われています。

正暦寺は清酒発祥の地とされており、大神神社には、酒の神である大物主大神が祀られ全国の酒造家の信仰を集めています。

三輪に係る枕詞が「味酒(うまさけ)」ということからも奈良と日本酒が、いかに関係深いかを伺い知ることができます。

 

春日大社
古くから酒殿があり、平安時代から続く春日祭では神前に供える社醸酒が造られるなど日本酒とゆかりが深い。

 

大神神社
三輪山の聖なる杉で作られた「しるしの杉玉」は、毎年11月14日の「醸造安全祈願祭」で神社から下され、全国の造り酒屋の玄関先に吊るされます。

 

正暦寺
日本清酒発祥の地。1/7出発は菩提酛清酒祭に参加します。

 

講師紹介 鉄田 憲男(てつだ のりお)氏
1953年和歌山県生まれ。1978年南都銀行入行。現在 同行観光戦略室に勤務、N PO法人「奈良まほろばソムリエの会」専務理事。奈良県の魅力向上に貢献したとして2011年、第2回あしたのなら表彰(奈良県知事表彰)を受けた。

日本酒の起源を辿る旅日本清酒発祥の地 奈良

【旅行企画・実施】【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号