海外旅行

旅行コード
342

南仏を代表する4つの美術館とゴッホの足跡を辿ります
南仏 美術の旅 8日間

往復ビジネスクラス利用
国内線を往復2万円でご利用可能

モナコ旧市街/イメージ

モナコ旧市街/イメージ

出発月
2018年4月
主な方面
フランス
旅行日数
8日間
宿泊ホテル

【ニース】ラディソンBLU(海が見えるお部屋)

【アヴィニヨン】クロワトル サン ルイ

【モナコ】ホテル・エルミタージュ(海が見えるお部屋)

食事条件
朝食6回・昼食4回・夕食3回及び機内食
利用予定航空会社
ルフトハンザドイツ航空
最少催行人員
6名様(最大12名様)
添乗員
同行します
旅行予約
03-5259-2666 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2018年4月28日(土)〜2018年5月5日(土)
1,860,000円
仮予約・資料請求
2名様1室/おひとり様(ビジネスクラス利用)

【羽田空港までの国内航空機のご手配はご相談ください】
■1人部屋使用追加代金:210,000円
■ビジネスクラスのご利用は全区間が対象です。
◆燃油サーチャージ(13,400円)、国内外の空港諸税(16,860円)は旅行代金には含まれておりません。確定金額はご出発前に別途ご請求申し上げます。
※ 表記の金額は10月25日現在の目安金額です。なお、今後変更される場合があります。
◆当コースはご入国時で「3ヶ月+滞在期間」以上の残存有効期間があるパスポートをご用意下さい。
◆各地の美術館の絵画は予告なく展示の中止や貸出等の理由により
ご覧頂けない場合がございます。

〈同行講師紹介〉野澤 好夫氏
東京芸術大学大学院を卒業後約30年余りを南仏プロバンスに住み、プロバンスの明るさ、光、空の青を描く風景画家。数々のコンクール受賞歴をもち日本でも展示会を開催している。

 

モナコ旧市街
名だたる芸術家たちを魅了してきた南仏の地で、彼らに思いを馳せる

 

ゴッホの足跡を辿り当時のゴッホを慕う…
■旧サン・ポール・ド・モーゾール修道院
ゴッホが入院していたとされる中庭回廊が綺麗な修道院。

 

■ゴッホのカフェテラス
名画「夜のカフェテラス」を描いたカフェ。

 

■ゴッホ財団美術館
ゴッホの作品を含むコレクションを収蔵・展示。

 

16世紀の修道院を改築して作られたホテルに2連泊
<アヴィニヨン>クロワトル サン ルイ

 

モナコを代表する5つ星ホテルにゆったり3連泊
<モナコ>ホテル・エルミタージュ

南仏を代表する4つの美術館とゴッホの足跡を辿ります南仏 美術の旅 8日間

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号