国内旅行

旅行コード
9122

等伯研究家 黒田泰三先生 講演会ツアー
「等伯画説」と天授庵障壁画「商山四皓図」を知る

永青文庫 「 重要文化財 長谷川等伯障壁画展 南禅寺天授庵と細川幽斎」

出発月
11月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
15名
その他

利用バス会社:関越バスまたは同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
大手町 日経東京本社ビル集合 東京駅前解散
日程
旅行代金
2017年11月21日(火)
18,000円
仮予約・資料請求

銀座で味わう京料理の名料亭「割烹料亭 下鴨茶寮 東のはなれ」
お膳を飾る美しいお料理をご堪能ください。

 

細川家ゆかりの南禅寺塔頭・天授庵。その方丈を飾る長谷川等伯の障壁画「商山四皓図」(重要文化財)が東京目白「永青文庫」で公開されます。等伯が美術論を語った日通筆「等伯画説」(重要文化財、本法寺)や長谷川等伯「玉甫紹琮像」(高桐院)も併せて展示。豊臣秀吉や千利休に重用された桃山期を代表する天才絵師・長谷川等伯の魅力を美術講師・黒田泰三先生が解説いたします。

 

重要文化財 日通筆「等伯画説」本法寺
桃山時代の画家長谷川等伯が前代の画家や画跡、鑑賞方式などについて語ったことを、京都本法寺 10世の日通上人 (1551~1608)が筆録したもの。

 

講師:黒田泰三氏(明治神宮ミュージアム開設準備室 室長)
2008年「狩野光信の時代」で九州大学文学博士。出光美術館学芸部長、理事を経て2016年退職。現在は明治神宮で宝物展示新施設開設の準備にあたっている。専門は日本近世絵画史。近年の主な研究テーマは、桃山時代の狩野派と長谷川等伯など。

等伯研究家 黒田泰三先生 講演会ツアー「等伯画説」と天授庵障壁画「商山四皓図」を知る

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号