国内旅行

旅行コード
4115

文化の日に学ぶ スペシャルガイドがご案内‼
葛飾北斎と小林一茶の足跡をたどる

栗の街小布施でいただく秋の味覚栗料理に
日本式庭園に源泉かけ流しの宿「仙壽閣」に憩う

上林ホテル仙壽閣 外観/イメージ

上林ホテル仙壽閣 外観/イメージ

出発月
11月
主な方面
長野
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

上林ホテル仙壽閣(和室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
6名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2017年11月3日(金)〜2017年11月4日(土)
99,500円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合11,500円増し

小林一茶の足跡
文化6年(1809年)に初めて小布施を訪れてから65歳で生涯を終えるまで、一茶の活動の拠点となり多くの句を残しました。現在29基の一茶句碑が小布施に建立されており、特に岩松院で詠まれた「痩かへるまけるな一茶是に有」が有名です。今回は一茶記念館学芸員の解説とガイドが同行しながら一茶の足跡をたどります。

 

北斎と一茶ゆかりの古寺「岩松院」
岩松院は文明4年(1472)に開山された曹洞宗のお寺です。戦国の武将福島正則や葛飾北斎、俳人小林一茶ゆかりの古寺でもあり、境内には福島正則の霊廟や一茶が「やせ蛙まけるな一茶これにあり」という句を詠んだ蛙合戦の池があります。

 

上林温泉仙壽閣
古くから多くの文化人に愛された大正浪漫の香りが漂う和魂洋才名湯の宿。ステンドガラスから差し込む陽と、優雅に輝く大理石のロビー。その向こうには心洗われるような日本庭園。美しい北信濃の四季とともに心ゆくまでこのひとときをお過ごしください。

文化の日に学ぶ スペシャルガイドがご案内‼葛飾北斎と小林一茶の足跡をたどる

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号