国内旅行

旅行コード
7102

1・2日目 世界遺産 山・鉾・屋台行事唐津くんちと
3日目 世界遺産「神宿る島」沖ノ島・宗像 宗像大社

全国山・鉾・屋台保存連合会 参与 菊池健策先生同行解説で世界遺産を巡る

宗像大社/イメージ

宗像大社/イメージ

出発月
11月
主な方面
佐賀
旅行日数
3日間
宿泊ホテル

1泊目:唐津ロイヤルホテル(洋室または和室)

2泊目:玄海ロイヤルホテル(洋室)

食事条件
朝2回・昼3回・夕2回
最少催行人員
7名
その他

利用バス会社:福岡昭和タクシー又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
羽田空港
日程
旅行代金
2017年11月2日(木)〜2017年11月4日(土)
  • 催行確定間近
248,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合15,000円増し

唐津くんちは毎年11月2、3、4日に開催される唐津神社の秋季例大祭で、唐津最大の行事です。「くんち」とは「供日」とも書き、収穫感謝の意が込められているお祭りです。このツアーでは11月2日の宵山と3日のお旅所神幸で唐津くんちを満喫します。

 

11月2日 宵山
ちょうちんの明かりの浮かぶ幻想的な曳山夜7時半に、刀町の曳山が大手口から曳き出され東行する間に、各町が曳き順通りに一番近い場所から参加し、最後に唐津神社前に勢ぞろい、幻想的な宵山は観客を魅了します。

 

11月3日 お旅所神幸
唐津くんちの最大の見どころとして、県内外から大勢の見物客が訪れます。午前9時30分を回ると、神輿を中心として前後に14台の曳山が従い、西の浜お旅所・明神台までの巡行が始まります。お旅所への曳き込み、曳き出しが最大の見せ場です。

 

絢爛豪華な「くんち料理」のおせったいを体験!
各家々で繰り広げられる「くんち料理」は、誰が来ても、何人来ても大丈夫なように準備します。100人分、200人分、300人分と用意するところもあります。くんち当日は、日頃から付き合いがある親しい友人、知人、親戚縁者に対し、「どうぞどうぞ」とお酒や料理で歓待します。家々を廻ってくんち料理を頂くのが、唐津くんちの醍醐味と言えるでしょう。このツアーでは、本来、唐津に知り合いがいないと参加できない「くんち料理」のおせったいに特別に参加いただくことができます。

 

先日、世界遺産登録された宗像大社に参拝
宗像大社は天照大神の三柱の御子神をお祀りしています。沖ノ島(沖津宮)から大島(中津宮)、本土(辺津宮)の三か所にお祀りされており、この三宮を総称して「宗像大社」と言います。沖ノ島は、九州と朝鮮半島とを結ぶ玄界灘のほぼ中央にあり、この島からは約十万点にのぼる貴重な宝物が見つかり、そのうち八万点が国宝に指定されました。この神宝は、辺津宮にある神宝館に所蔵、展示されてます。

 

同行講師 菊池 健策(きくち けんさく)氏
文化庁文化財部にて国指定の有形・無形の民俗文化財の保護に携わる。定年退官後は全国山・鉾・屋台保存連合会 参与をはじめ、文化財の保存・修復の観点から全国の祭の保存・発展に尽力している。

1・2日目 世界遺産 山・鉾・屋台行事唐津くんちと3日目 世界遺産「神宿る島」沖ノ島・宗像 宗像大社

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号