国内旅行

旅行コード
5553

目の前で観る鞍馬の火祭と観覧席で観る時代祭
休館日の「松花堂庭園・美術館」と
「吉兆松花堂店」で愉しむ秋の午餐会

わかって見るともっと面白い! 祭の解説を聞いてから見る‼
日経旅行だけの貸切特別企画!

鞍馬の火祭り/イメージ

鞍馬の火祭り/イメージ

出発月
10月
主な方面
京都
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

京都東急テホル(洋室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
25名
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2017年10月22日(日)〜2017年10月23日(月)
159,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し
発着地
京都駅集合解散
日程
旅行代金
2017年10月22日(日)〜2017年10月23日(月)
127,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し

時代祭と鞍馬の火祭に詳しい案内人をお招きし、それぞれの祭の由来や見どころを事前に解説していただきます。

 

時代祭
葵祭・祇園祭と並ぶ、京都三大祭の一つ。約2,000人が平安時代から明治時代までの、各時代の衣装で練り歩く風俗行列を、有料指定観覧席でゆっくりとお愉しみ下さい。

 

鞍馬の火祭
京都三大奇祭の一つとして知られ、毎年多くの観光客が訪れる鞍馬の火祭。現地は大変混雑する為、松明の近くまで行くことさえ困難な状況となりますが、このコースでは、松明が集結する鞍馬寺の山門近くに佇む御用達のお店「雍州路(ようしゅうじ)」のご好意により、山門の近くに設置された桟敷席にて、松明の火の粉が飛んできそうな至近距離から、迫力ある火祭をご観賞いただきます。

 

休館日の「松花堂庭園・美術館」を特別に貸切って愉しむ茶席・弦楽コンサート・「吉兆」の松花堂会席
京都・洛南の名園で、国指定史跡・国指定名勝、そして松花堂弁当発祥の地でもある「松花堂庭園・美術館」を、日経旅行のお客様だけで特別に貸切りにして、館長または副館長のご案内のもと、庭園内に点在する茶室での本格的茶席体験をはじめ、美術館鑑賞、弦楽ミニコンサート、さらに通常は定休日の「吉兆松花堂店」を特別に営業していただき、秋の「松花堂会席料理」をゆっくりとご堪能いただきます。江戸時代の僧・松花堂昭乗が使用した四つ切箱にヒントを得た吉兆創業者・湯木貞一氏が考案した弁当が「松花堂弁当」の始まりとされています。優美で風雅な癒しの空間で、「観て・味わい・学び・ふれあう」特別な秋のひとときを情緒豊かにお過ごし下さい。

目の前で観る鞍馬の火祭と観覧席で観る時代祭休館日の「松花堂庭園・美術館」と「吉兆松花堂店」で愉しむ秋の午餐会

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号