国内旅行

旅行コード
9923

日本遺産『古事記』の冒頭を飾る
「国生みの島・淡路」

宗教学者 鎌田東二先生同行解説で行く伊弉諾(いざなぎ)神宮 神楽祭

淡路 伊弉諾神宮/イメージ

淡路 伊弉諾神宮/イメージ

出発月
9月
主な方面
兵庫
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

淡路島観光ホテル(和室)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
10名
その他

利用バス会社:アクセス滝野観光又は同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2017年9月23日(土)〜2017年9月24日(日)
  • 催行確定間近
158,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 高層階(6・7階)指定/1名様1室 階指定なし

国土創生の神、伊弉諾尊(イザナギノミコト)・伊弉冉尊(イザナミノミコト)が最初にお生みになられたという淡路島。ここには、我が国の始まりの時を刻んだ、国生み神話ゆかりの場所が数多く存在し、訪れる人々を悠久の彼方へと誘います。

 

同行講師 鎌田 東二 (かまた とうじ)
1951年徳島県生まれ。日本の哲学者、宗教学者。京都大学名誉教授、上智大学グリーフケア研究所特任教授、放送大学客員教授。宗教哲学・民俗学・日本思想史・比較文明学などを幅広く研究。神職の資格を持ち、神道ソングライターとして作曲活動も行っている。

 

『古事記ワンダーランド』 著者:鎌田東二
当ツアーご参加の方お1人様に1冊進呈!

 

三大神楽祭
国生み伝承の淡路島が誇る最古の神社『伊弉諾神宮』に、高千穂神社と出雲大社から神楽を招いて競演奉納するのが、神々のふるさと・三大神話『神楽祭』です。

 

上立神岩
神々がつくり出した最初の島「おのころ島」だという伝説が残る沼島。「国生み神話」の「天の沼矛」や「天の御柱」のモデルともいわれている「上立神岩」を始めとした奇岩をめぐる約40分のクルーズ。

日本遺産『古事記』の冒頭を飾る「国生みの島・淡路」

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号