国内旅行

旅行コード
9114

伝統工芸「江戸小紋」を知る伝統と型紙を守る職人
染色家三代目の小宮康正氏を訪ねる

柴又帝釈天「庚申まいり」と初夏の花菖蒲

花菖蒲/イメージ

花菖蒲/イメージ

出発月
6月
主な方面
東京
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
15名
その他

利用バス会社:関越バスまたは同等クラス

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅前
日程
旅行代金
2017年6月2日(金)
23,000円
仮予約・資料請求

武士の裃がルーツとなり今日まで受け継がれる「江戸小紋」。遠めには無地に見えますが、近づいて見ると繊細優美な柄が見える極小の美の世界。重要無形文化財「江戸小紋」技術保持者(人間国宝)の小宮康孝さんは江戸時代から伝わる技術を研究、継承し、現代まで伝わる基礎を作りあげられました。康孝氏の意思を受け継ぐ三代目、小宮康正氏のご案内による工場見学で、職人の今を紹介します。また、当日は柴又帝釈天題経寺「庚申日」にあたり、帝釈天板本尊がご開帳。ご本尊の前でお参り頂くことが出来ます。そして江戸風情あふれる花菖蒲をお楽しみください。

伝統工芸「江戸小紋」を知る伝統と型紙を守る職人染色家三代目の小宮康正氏を訪ねる

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号