国内旅行

旅行コード
9730

大磯別荘文化と吉田茂
再建された「旧吉田茂邸」待望の公開!
吉田茂が愛した大磯の味

旧安田善次郎別邸・春の特別公開

出発月
5月
主な方面
神奈川
旅行日数
日帰り
食事条件
昼1回
最少催行人員
15名
その他

利用バス会社:関越バスまたは同等クラス

※旧安田善次郎別荘は建物内部には入れません。

旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅前
日程
旅行代金
2017年5月28日(日)
  • 催行確定
24,000円
仮予約・資料請求

「旧吉田茂邸」再建!

戦後復興の立役者、ワンマン宰相と呼ばれた吉田茂が昭和19年頃から生涯を閉じる昭和42年までを過ごした邸宅。政界引退後も多くの政治家が「大磯参り」を行い、近代政治の表舞台としても利用されました。豪壮数奇屋建築風の総檜造りの本邸は、建築家・吉田五十八の設計のもと京都の宮大工により建設。平成21年、火災により焼失してしまいましたが、このたび再建され今春待望のオープンとなります。愛用した調度品も復元し焼失を免れた日本庭園や歴史的資源とともに当時を再現。吉田茂の足跡やエピソードを交えながら彼が愛情を注いだ邸宅と庭園をご案内します。

 

吉田茂が愛した大磯の名物

「井上蒲鉾店 はんぺん」

創業明治11年。吉田茂はここの『はんぺん』を大変気に入り「大磯土産は井上にしろ」と言っていた。

「真壁豆腐店 豆腐」

創業明治38年。お気に入りで絶賛した、大豆の味と香りが広がる木綿豆腐。

「新杵 まんじゅう」

創業明治24年。焼いた西行まんじゅうと蒸した虎子まんじゅう。島崎藤村にも愛された。

大磯別荘文化と吉田茂再建された「旧吉田茂邸」待望の公開!吉田茂が愛した大磯の味

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号