国内旅行

旅行コード
5802

初物好きにはたまらない 初夏香る『若鮎』を愉しむ
創業400余年『鮎茶屋 平野屋』で味わう極上の鮎

ホタル鑑賞と華しょうぶの会

鮎茶屋 平野屋/イメージ

鮎茶屋 平野屋/イメージ

出発月
6月
主な方面
京都
旅行日数
2日間
宿泊ホテル

京都東急ホテル(洋室・プレミアムフロア)

食事条件
朝1回・昼2回・夕1回
最少催行人員
6名
添乗員
同行
旅行予約
03-5259-2660 受付時間 9:30〜17:30(月〜金)
スケジュール
発着地
東京駅
日程
旅行代金
2017年6月8日(木)〜2017年6月9日(金)
  • 催行確定
129,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し
2017年6月9日(金)〜2017年6月10日(土)
  • 催行確定
129,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し
2017年6月10日(土)〜2017年6月11日(日)
  • 催行確定
134,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し
発着地
京都駅集合解散
日程
旅行代金
2017年6月8日(木)〜2017年6月9日(金)
  • 催行確定
106,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し
2017年6月9日(金)〜2017年6月10日(土)
  • 催行確定
106,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し
2017年6月10日(土)〜2017年6月11日(日)
  • 催行確定
111,000円
仮予約・資料請求
2名様1室 ※1名様1室の場合10,000円増し

鮎茶屋 平野屋

自然豊かな京都の奥嵯峨、愛宕山神社一の鳥居のたもと。創業400年以上の「鮎茶屋 平野屋」は、鮎問屋を営む傍ら茶屋として多くの食通を魅了してきました。やはり鮎の美味しさは別格。

6月の若鮎から、最も脂の乗る8月、9月の子持ちまで、目利きが厳選したその時季ならではの極上の鮎を塩焼き、鮎ごはんなど、鮎づくしで振る舞ってくれます。名物は、発祥が街道筋の茶屋であったことを偲ばせる、米粉をこねたお団子「志んこ」と、新鮮な鮎。とりわけ、14代の当主が腕を振るう鮎料理の素晴らしさは、「鮎なら平野屋」として全国にその名が知られています。

鮎漁ができる期間は毎日漁師が新鮮な鮎を釣って平野屋に帰ってきます。平野屋に来る鮎は、硯石(すずりいし)でできた生簀に愛宕山の湧水を引き込みそこで一晩休ませます。そうすることにより鮎はお腹の砂をはき生気を取り戻して、食べごろとなります。

初物好きにはたまらない 初夏香る『若鮎』を愉しむ創業400余年『鮎茶屋 平野屋』で味わう極上の鮎

【旅行企画・実施】株式会社日経カルチャー 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-6 観光庁長官登録旅行業1946号